コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ナゼナゼ?

すべての新生児に精密検査へ

生まれつき体の代謝に異常がある新生児を早く見つけて治療し障害の予防につなげようと、神奈川県は1日からすべての新生児を対象に、新しい方法でより精密に検査できる体制を整えました。

新生児はアミノ酸を分解する酵素が正常に働かないなど、先天的に代謝に異常があると心身の障害につながるおそれがあるため、自治体が血液の検査を行っています。神奈川県は、1日から新しい検査方法を導入し、県内の医療機関で生まれるすべての新生児を対象に、より精密な検査を行える体制を整えました。

この検査は「タンデムマス法」と呼ばれ、1回の検査でこれまでの検査方法の3倍近い16種類の代謝異常を発見できるということで、厚生労働省が、ことし3月、都道府県に積極的な導入を求めていました。

検査費用は県などが公費で負担し、保護者の負担は採血の費用だけで、すべての新生児を対象に実施するのは、関東地方の都県では神奈川県が初めてです。

検査を行う神奈川県予防医学協会の山上祐次担当部長は「これまで発見できなかった病気も見つかるので、より多くの赤ちゃんを救うことができるのではないか」と話しています。

09月30日 11時36分

http://www.nhk.or.jp/lnews/shutoken/1005918221.html

*****************

なにそれこわい。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

汚染ルートとタイミング

汚染ルートとタイミング、、、だそうです。

あ、厚木・・・

http://gunma.zamurai.jp/pub/2011/route930.jpg
コンテントヘッダー

備えあれば

厚労省が弁護士を初採用 裁判対策に「訟務官」

厚生労働省が、裁判対策を強化するため、民間から弁護士を「訟務官」として初めて採用したことが30日、分かった。男性弁護士1人が10月1日に着任する。B型肝炎やアスベスト(石綿)など大型訴訟を常に抱える中、法律上の助言を行い、訴えられるのを未然に防ぐ役目も担う。

採用されたのは民事の専門家で、公募に応じた10人の中から書類選考と面接試験で決まった。任期は2年。

肺がん治療薬の副作用が問題となったイレッサ訴訟や原爆症認定訴訟など、厚労省が被告となっている裁判は本省分だけでも500件強。地方の出先機関では労働基準監督署が行う労災認定など約350件を抱えている。

2011/09/30 07:45 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011093001000043.html

***********************

まさかこれは、、、備えあれば何とやら?!?!?
コンテントヘッダー

雑談ってことで

原発事故のドサクサに紛れて、厚生省が大豆・トウモロコシ・ジャガイモの遺伝子組み換えを承認してしまいました。承認されると「遺伝子組み換え」の表示義務がなくなるそうです。

遺伝子組み換え品について議論は様々ですが、私は「遺伝子組み換えでない」と書かれたものを選びます。同じように考えている方が多いと思いますが、今まであまり考えたことがなかったと言う方々においては、ざっくりとお調べになるのに良い機会かもしれません。

気をつけなければならないものが、どんどん増えています。負けないぞー!

http://www.mhlw.go.jp/topics/idenshi/dl/list.pdf
コンテントヘッダー

終了宣言

宮城米 知事が安全宣言 放射性物質検査終了

宮城県は29日、2011年産米の放射性物質検査が終了したと発表した。収穫後の本検査は作付けのある県内33市町村計381地点で実施。3市9地点で放射性セシウムが検出されたが、いずれも国の基準を下回り、ほかは「不検出」だった。村井嘉浩知事は、県内全域で安全性が確認されたとして、県産米の安全を宣言し、販売促進に全力を挙げる考えを示した。

県は同日、本検査最後となる七ケ浜町(旧七ケ浜村)の1地点の検査結果を公表した。採取した玄米は「不検出」とされ、放射性セシウムが存在しないか、測定下限値の1キログラム当たり20ベクレル未満だった。県は農家への出荷・販売の自粛要請措置を解除。これで県内全域で出荷が可能になった。

調査終了を受け、村井知事は臨時記者会見を開き、「全地点で安全性が確認された。消費者には安心しておいしい県産米を賞味してもらいたい」とアピールした。

出荷再開について、全農宮城県本部の渋谷潤太郎副本部長は「ことしのコメは特に品質、食味が高い。全国の消費者に安心して食べてほしい。震災と台風を乗り越えて作ったコメだけに、農家の喜びはひとしおだ」と話した。

県は、本検査を1950年当時の旧市町村単位で実施。97.6%に当たる372地点で「不検出」だった。白石市(旧越河村)、気仙沼市(旧津谷町)、栗原市(旧栗駒村、旧岩ケ崎町、旧鳥矢崎村2地点、旧文字村、旧大岡村、旧津久毛村)で101.6~20.3ベクレルが検出されたが、国の暫定基準値(500ベクレル)を大幅に下回り、重点調査区域に指定される200ベクレルにも達しなかった。

県は10月6日、仙台市内で農協グループなどと販売開始セレモニーを開催。11月にかけ、東京、大阪、名古屋でPRイベントを計画している。

岩手県が全33市町村で実施したコメの放射性物質調査で、セシウムは検出されず、同県産米は29日、初出荷された。

福島県では、22市町村が出荷可能になり、一部出荷が始まった。予備検査で、二本松市の1地点で暫定基準値と同じ放射線量が検出され、県は市内の検査地点を急きょ追加し、調べている。

2011年09月30日金曜日

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/09/20110930t11007.htm

*************

これにて終了、だそうですよ。そしてPRイベントへ、、、
コンテントヘッダー

気になる食材(放射線量)

9/29発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値はすべてセシウム(134+137)です


厚生省のデータ(第205報)

 山形県 牛肉  最大で108.0bq/kg

 茨城県 イノシシ肉  最大で240.0bq/kg

 群馬県 玄米  最大で53.0bq/kg
     生乳  最大で1.5bq/kg
     イノシシ肉  216.0bq/kg

 宮城県 牛乳(流通品)  19.1bq/kg

 新潟県 カツオ(内臓部・流通品)  7.8bq/kg

 静岡県 荒茶  最大で123.0bq/kg

 福島県 食用菊  11.0bq/kg
     ミニトマト  12.0bq/kg
     柿  最大で54.0bq/kg
     ナツハゼ  45.0bq/kg
     リンゴ  最大で35.0bq/kg
     キウイフルーツ  76.0bq/kg
     栗  最大で310.0bq/kg
     銀杏  72.0bq/kg
     米  最大で42.0bq/kg
     牛肉  最大で12.0bq/kg


市民団体のデータ(以前書き出したものと重複しているかも)

 福島県 キャベツ  27.0bq/kg
     ネギ  18.0bq/kg(検出限界以下)
     にんにく  34.0bq/kg
     ミニトマト  32.0bq/kg
     かぼちゃ  最大で55.0bq/kg
     かぼちゃ(茹で)  30.0bq/kg
     たまねぎ  最大で20.0bq/kg(検出限界以下)
     いんげん  40.0bq/kg

*************

スーパーの鮮魚コーナーに並ぶ美味しそうなお刺身。刺身だけではなく、ちょこんと乗っている黄色い花にまで気をつけなくてはならなくなりました。タンポポじゃないよ。w
コンテントヘッダー

近くまで来たので

取り急ぎ、これだけupします。

埼玉県・千葉県の汚染図。(by文部科学省)

http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092917_1.pdf

だいぶ近くまで来ました。東京・神奈川の結果が待たれます。
コンテントヘッダー

厚木市保健給食課より回答

夏休みにメールで問い合わせをしていた件、お返事をいただきましたので、私の名前を伏せて、そのまま貼り付けたいと思います。メールの送受信の確認ができなかったそうで、返事が遅れたことを丁寧にお詫びしていただきました。

******************


あゆ くま 様

                           保健給食課長

 メールをいただきありがとうございます。

御質問の学校給食食材について回答をいたします。

1 以前、お電話でうかがったときに、福島県近辺を産地とした食材の使用を控える予定は無いとのことでしたが、それは夏休みを経て、現在も変わらない方針でしょうか?

2 食材の検査ですが、月に2つの食材のみを検査していますが、これは全部の食材が検査できるような体制を整える予定はないでしょうか?

 学校給食で使用する食材につきましては、国の安全対策を基に毎日、国・県、関係機関の動向や検査結果などの情報を注意深く収集して安全確認に努め、野菜類、果物類について、十分な洗浄を行い安全な給食の提供に努めておりまして、産地の制限は考えておりません。

 また、保護者の皆様の安心が得られるよう、7月から食材の放射性物質の検査を実施し、検査結果を市ホームページに掲載しておりますが、現段階で検査回数を増やす予定はございません。

(http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kosodatekyoiku/education/anzen/d018240.html)

保護者の御心配はごもっともであり、御不満もあると思いますが、今後も、皆様方の御意見を参考にさせていただき、できる限り保護者の御意向に沿うよう努めてまいりたいと考えておりますので御理解くださるようお願いいたします。

担当 給食係
電話 225-2668(直通)

******************

これに対し、返事をいただいたことのお礼メールを返信いたしました。
コンテントヘッダー

また1品

厚木市の学校給食で使われた山梨県産のキャベツは「不検出」でしたよ、と。

http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kosodatekyoiku/education/anzen/d018240.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

だーかーらー・・・

検査してくれてありがとうございます。

でも、デモ・・・
コンテントヘッダー

2011/09/29 周辺の放射線量

*カテゴリの「始めに」から、計測器や数値について、ご一読ください

厚木市荻野地区での計測

 鮎kuma家 庭  0.12μSv/時

 鮎kuma家 台所  0.08μSv/時

 荻野新宿交差点付近  0.15μSv/時

 三田小学校入口交差点付近  0.16μSv/時

・・・差が大きいな・・・ガイガーちゃん、よろしく頼むよ。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。