コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

世界の皆さん!

セシウム:米のクロマグロから検出 福島沖から回遊か
毎日新聞 2012年05月29日 04時00分(最終更新 05月29日 09時53分)

東京電力福島第1原発事故で流出した放射性セシウムが、米カリフォルニア沖で捕獲されたクロマグロから検出されていたことが、米スタンフォード大のチームの調査で分かった。「放射性物質が海洋生物に取り込まれて広がっている証拠」と指摘している。29日付の米国科学アカデミー紀要に発表した。

チームは昨年8月、カリフォルニア沖でクロマグロを捕獲し、放射性セシウムの濃度を調べた。その結果、15匹のクロマグロで1キロ当たり最大10.3ベクレル、最小でも同2.9ベクレルだった。半減期が約2年と短いセシウム134が検出されたことから、福島由来と断定。日本政府が定める食品中の放射性物質濃度(1キロあたり100ベクレル以下)より低いが、事故前の濃度の10倍以上だった。

クロマグロは太平洋を回遊する大型魚類だが、黒潮に乗って成長しながら米西海岸まで達する場合もある。チームは、捕獲したクロマグロは事故後、福島県沖で餌を通して放射性物質を取り込んだ後、米沿岸に達したとみており、「日本近海に生息して広範囲に移動するカメ、サメ、海鳥などが放射性セシウムを拡散させるかもしれない」と指摘する。

http://mainichi.jp/select/news/20120529k0000m040108000c.html

****************

こんなに世界を汚しているのに、冷温停止とか安定とかふざけたことばかり言って、最近はやけくそになったみたいで、再稼働か計画停電かお前ら選べよなどと言いだしたなんて、もう本当にウマシカすぎて恥ずかしくてたまりません。

世界の皆さん!国民の多くはウマシカではないのです!一部に究極のウマシカがそろって頑張っちゃっているんです。彼等に「頑張るな」と言ってやってください!!!
コンテントヘッダー

吐き気がするくらいの

エネルギー比率 「原発ゼロ」では立ちゆかない(5月29日付・読売社説)

国を支えるエネルギーの将来を左右する重大な選択だ。冷静に現実的な目標を定めることが重要である。

経済産業省の総合資源エネルギー調査会基本問題委員会が、2030年の電源構成に関する選択肢をまとめた。焦点の原子力発電の比率は、0%、15%、20~25%、市場の選択に委ねる――の4案とした。

政府は国民の意見を聴いたうえで、閣僚らのエネルギー・環境会議で今夏、目指すべき最適な電源構成を決める。電力をいかに安定供給していくか。経済性や環境も配慮した検討が求められる。

基本問題委案のうち、東日本大震災前に約30%だった原発を0%とする選択肢は、非現実的だ。

原発分を補うため、再生可能エネルギーの比率を現在の約10%から35%に引き上げる想定だ。

実現するには、太陽光は現在の0・3%から6%へ、風力は0・4%から12%へ、それぞれ20~30倍に増やす必要がある。太陽光パネルなどを設置する広大な用地をどう確保するのだろうか。

発電コストの高騰などで、国内総生産(GDP)は年30兆円も押し下げられる見込みだ。

日照や風の状況で電力が急激に変動する再生エネの欠点を解消するには、さらに巨額の開発費用がかかり、経済の重荷となる。

0%以外の選択肢でも、再生エネの比率を25~30%と高めに見込んでいる。技術革新に過度に期待するのは禁物である。実現可能性を検証すべきだ。

細野原発相は、原発比率の選択肢について、「15%がベースになる」との見方を示した。運転40年で原発を原則として廃炉にする政府方針に沿った発言だろう。

だが、15%案には見過ごせない問題がある。30年以降、原発をさらに減らすのか、更新・新設して活用していくのか、結論を先送りしている点だ。原発の方向性があいまいでは、責任あるエネルギー戦略とはいえまい。

20~25%案が、古い原発を更新する方針を明示しているのは、評価できる。安定した代替電源を確保できるまでは、安全性の高い新型炉を導入し、原子力を火力などと並ぶ基幹電源として使うことが望ましい。

中国をはじめ新興国は原発の新設を計画しているが、日本が「原発ゼロ」に向かえば、原発の輸出ビジネスは展開できなくなる。原子力技術を維持し、安全向上で国際貢献することも、忘れてはならない視点である。

(2012年5月29日01時59分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120528-OYT1T01525.htm

******************

吐き気がするくらいの、どっしりした安定感を持つゴミ売り読売新聞さんでございます。

「原発らぶらぶ病」なんですよ、可哀想に。
コンテントヘッダー

同じなのヨ

自己正当化、記憶にない…「人災の元凶」に反省なし
2012.5.28 23:20 (1/2ページ)

責任転嫁、自己正当化、そして「記憶にない」。国会の東電福島原発事故調査委員会による菅直人前首相の参考人聴取は、事故対応で采配を振るった最高責任者(原子力対策本部長)の無反省さを改めて見せつけた。事故拡大を防げなかったことも、付近住民に適切な避難指示を出せなかったこともどこか人ごと。自らが「人災の元凶」だったとの自覚はない。

「私が知りうる限りのこと、考えたことについてできる限り率直に答えたい」

菅氏は冒頭こそ神妙な面持ちだったが、その後はのらりくらりと質問をかわし、2時間50分間の質疑の大半をいかに責任逃れするかに費やした。

事故調委員は、菅氏が法的根拠と責任の所在が曖昧な指示を繰り返したことを問題視したが、菅氏は「記憶にない」と強弁し、いったんは事務方に責任をなすりつけた。

「原子力事故にあたってどのような権限が首相、本部長としてあるのか、詳しい説明を聞いたことは覚えている限りない」

ところが、委員が平成22年10月に中部電力浜岡原発事故を想定した防災訓練に首相として出席したことを指摘すると豹変(ひょうへん)。「もっと早くからしっかりとした説明を受けて知っておいた方がよかった」と釈明した。

一事が万事この調子だった。菅氏は答弁用のメモを周到に準備していた。27日の国会事故調での枝野幸男官房長官(当時)の参考人聴取などをインターネット放送で視聴し、理論武装に励んだことは想像に難くない。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120528/plc12052823240032-n1.htmより抜粋




国会事故調:菅氏「国の想定不十分」 責任者として陳謝
毎日新聞 2012年05月28日 21時23分(最終更新 05月28日 23時36分)

東京電力福島第1原発事故を検証する国会の事故調査委員会(国会事故調、黒川清委員長)は28日、菅直人前首相を参考人として招致した。菅氏は原発事故を想定した政府の危機管理体制について「原子力災害対策特別措置法はシビアアクシデント(過酷事故)に対応できていなかった。事故想定が不十分だった」と不備を指摘。「事故は国策で続けられた原発によって引き起こされた。最大の責任は国にある。国の責任者として事故を止められなかったことを改めておわびする」と陳謝した。

聴取は参院議員会館の講堂で、予定の2時間を約50分オーバーして行われた。これまでも政府や民間の事故調が菅氏の聴取を非公開で行っているが、公開の聴取は初めて。

菅氏は首相の立場を超えて事故対応の細部に口を出したとして「過剰介入」との批判を受けているが、聴取では「原災法は地震と原発事故は別々に起きると想定している。想定が極めて不十分だったため、やらざるを得ず、いろいろやった。それが本来の姿とは思っていない」と説明。政府・東電事故対策統合本部の設置など超法規的な対応をとったことへの理解を求めた。

http://mainichi.jp/select/news/20120529k0000m010066000c.html

*******************

凄いでしょ、この2つ、同じニュースを記事にしているのに、こんなにも違うの~。

新聞選びの参考に☆
コンテントヘッダー

2012/05/28 気になる食材(放射線量)

5/28発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第400報)

 宮城県 ヒラメ  230.0bq/kg

 栃木県 原木しいたけ(施設)  140.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で24.0bq/kg
     菌床なめこ(施設)  27.0bq/kg
     菌床まいたけ(施設)  5.1bq/kg
     菌床ヒラタケ(施設)  7.5bq/kg
     菌床ブナシメジ(施設)  最大で4.8bq/kg
     ハタケシメジ  3.1bq/kg
     たけのこ  10.0bq/kg

 群馬県 タラノメ  83.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で13.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  10.0bq/kg
     アユ  6.5bq/kg
     ヤマメ  最大で61.0bq/kg
     イワナ  最大で190.0bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で4.3bq/kg

 千葉県 梅  最大で18.0bq/kg
     茶(飲用)  最大で9.5bq/kg
     ヒラメ(流通品)  3.6bq/kg

 東京都 荒茶浸出液  最大で3.2bq/kg

 神奈川県 冷凍みかん  最大で9.3bq/kg

 新潟県 菌床しいたけ  21.0bq/kg

 福島県 牛肉  最大で43.0bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

茨城県・青森県・栃木県・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

北海道・山形県・群馬県・新潟県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下、またはCs(134+137)が25bq/kg以下。2種類の検査があったので)

宮城県・神奈川県・山梨県・千葉県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

*************

神奈川県産の冷凍みかんの検査件数が、なんと81件ありました。

一度検出されてから、これでもかってくらい検査をする・・・ なぜそうなる?
コンテントヘッダー

二択

計画停電、関西は1日複数回も 大阪中心部も除外せず
2012.5.26 08:19 (1/2ページ)[節電・原発]

関西電力管内で国が準備を指示した今夏の計画停電について、1区域で1日複数回の実施も検討されていることが25日、明らかになった。昨年3月の東京電力管内では首都機能の保全のため23区を除外したが、関西では除外地区を設けない方針。企業や官公庁が集まる大阪市中心部も対象になる。

国と関電は、計画停電を電力逼迫(ひっぱく)時の「セーフティーネット」と位置付けて実施しない原則を強調している。ただ、計画停電を担当する資源エネルギー庁は今夏に原発再稼働がなく、15%以上の節電も達成できない場合、「計画停電は原則1日1回としたいが、関西は厳しい不足率が見込まれ、1回ですまない可能性も」と指摘する。

国のエネルギー・環境会議が今月18日にまとめた今夏の電力需給対策では、電力不足が見込まれる関西や九州、北海道、四国の4電力会社に「セーフティーネットとしての計画停電」を準備するよう指示した。東電管内の計画停電の混乱を教訓に示された改善点は、(1)1日1回、2時間程度(2)区割りとスケジュールは事前に公表することだった。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120526/wec12052608240001-n1.htm

******************

昨年3月の計画停電は忘れません。

我が家の近所で事故がありました。計画停電により信号機が動かなかったゆえに起きた事故でした。まだ10代の若者が命を落としました。

色々な話が出てくる中で、どうしても、あの計画停電が必要だったとは思えないのです。

関西電力は、「原発の稼動か計画停電か、どっちか選べ!」と、暴力的なことを言っているように聞こえるのです。

そんな二択って無いと思うのです。
コンテントヘッダー

0212/05/25 気になる食材(放射線量)

5/25発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第399報)

 岩手県 マダラ  最大で39.0bq/kg
     スズキ  33.0bq/kg
     タラノメ  最大で95.0bq/kg
     たけのこ  最大で86.0bq/kg
     フキ  64.0bq/kg

 宮城県 ウグイ  34.0bq/kg
     ヤマメ  93.0bq/kg
     イワナ  46.0bq/kg
     アイナメ  最大で26.0bq/kg
     マガレイ  最大で17.0bq/kg
     ヌマガレイ  20.0bq/kg
     マダラ  79.0bq/kg
     マコガレイ  最大で12.0bq/kg
     ケムシカジカ  9.6bq/kg
     スズキ  最大で340.0bq/kg
     キアンコウ  最大で24.0bq/kg
     アブラツノザメ  7.7bq/kg
     マゴチ  32.0bq/kg
     マアナゴ  6.6bq/kg
     ヒガンフグ  最大で72.0bq/kg
     ヒラメ  6.3bq/kg
     ヒラメ(養殖)  43.0bq/kg
     クロアナゴ  3.6bq/kg
     カナガシラ  18.0bq/kg
     クロソイ  42.0bq/kg
     原乳  最大で0.4bq/kg

 栃木県 原木しいたけ(施設)  最大で41.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で23.0bq/kg
     原木乾しいたけ  最大で72.0bq/kg
     菌床エノキダケ(施設)  35.0bq/kg
     菌床マイタケ(施設)  最大で30.0bq/kg
     菌床ヒラタケ(施設)  6.2bq/kg
     菌床エリンギ(施設)  11.0bq/kg
     タラノメ  53.0bq/kg
     わさび(根茎)  最大で60.0bq/kg
     茶(飲用)  最大で4.7bq/kg
     イワバミソウ  21.0bq/kg
     ニジマス  最大で59.0bq/kg
     ホンマス  18.0bq/kg
     ヒメマス  最大で180.0bq/kg
     カワマス  26.0bq/kg
     アユ  最大で39.0bq/kg
     ヤマメ  最大で70.0bq/kg
     ウグイ  最大で120.0bq/kg
     ワカサギ  18.0bq/kg
     サクラマス  22.0bq/kg
     ブラウントラウト  250.0bq/kg
     たけのこ  最大で73.0bq/kg

 群馬県 イワナ  8.1bq/kg
     茶(飲用)  最大で5.9bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で5.3bq/kg

 神奈川県 ニジマス  3.7bq/kg(@箱根町)
      オオクチバス  97.0bq/kg(@箱根町)

 福島県 フキ  4.6bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  22.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  6.0bq/kg
     さんしょう  37.0bq/kg
     たけのこ(流通品)  13.0bq/kg


国立医薬品食品衛生研究所のデータ

 群馬県 原木しいたけ(流通品)  94.0bq/kg


<重箱の隅>

岩手県の牛肉はND。(Cs134が15、137が10bq/kg以下)

山形県・北海号・群馬県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

鹿児島県・京都府・長野県・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

栃木県の原乳はND。(Cs(134+137)が4bq/kg以下)

埼玉県の原乳はND。(Cs(134+137)が0.8bq/kg以下、厳しく検査してくださってありがとうございます)

神奈川県のアユはND。(Cs(134+137)が13bq/kg以下)

福島県の牛肉はND。(Cs(134+137)が19bq/kg以下)

福島県の上記以外の野菜はND。(Cs(134+137)が5.4~12bq/kg以下)

**************

気になるものの中でさらに気になるのが、栃木県のキノコ類のデータです。エリンギやエノキタケ、キノコの中でも比較的汚染の少ないものだと思っていましたが、これらの数値から、決してそうではないのだと分かります。
コンテントヘッダー

ちょっと奥さん!

計画停電の検討、関電に要望 美浜町議会原特委 福井
2012.5.22 02:08

■電気のありがたさ知らせる

関西電力美浜原子力発電所(美浜町)の再稼働について、美浜町議会原子力特別委員会は21日、経済産業省原子力安全・保安院と関西電力から、安全基準と緊急安全対策について説明を受けた。

関電は昨年12月、美浜原発3号機のストレステスト(耐性検査)1次評価を提出し、保安院の審査待ち。同2号機は昨年7月、高経年化技術評価を提出し、今年7月には運転40年を迎える。同1、2号機は改正規制法案の制定待ちとなっている。

この日の原特委では、山口治太郎町長や議員10人が出席。関電の説明後、議員が「今年の夏を乗り越えれば、原子力発電所がなくてもやっていけると思われがちだ」と指摘。「大阪など関西は電気があって当たり前だと思っている。関西に電気のありがたさを知らせるため、計画停電を最重要課題にすべきだ」と要請。

関電美浜発電所の片岡秀郎所長は「供給の努力を怠ってはいけないが、化石燃料の増強が電気料金の値上げに繋がることなどを理解してもらわなければならない」と応えた。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/120522/fki12052202080002-n1.htm

************

>>電気のありがたさを知らせるため、計画停電を最重要課題にすべき

>>電気のありがたさを知らせるため、計画停電を最重要課題にすべき

>>電気のありがたさを知らせるため、計画停電を最重要課題にすべき

大事なことなので、3回貼りました。

必要があって計画停電するのではないんですってよ、ちょっと奥さん、聞いた~?!?!?
コンテントヘッダー

自画自賛

がれき放射線量の情報を公開 受け入れ難航で環境相
2012年5月25日 12時38分

細野環境相は25日の記者会見で、東日本大震災で出たがれきを被災地以外で受け入れる広域処理に関連し「がれきの仮置き場や焼却ガスの放射線量など、手に入るデータはすべて国民と共有する」と述べ、安全性に関するデータを全面的に公開する考えを明らかにした。

がれきの放射線に対する懸念から受け入れが滞ってきたことを反省し、詳細なデータを公開することで理解を進めるのが狙い。近く広域処理に関する環境省の専用ホームページを全面改定し、データを充実させる。

細野氏は「政府の説明や情報の出し方が分かりにくいという指摘があった。あらためておわびを申し上げたい」と述べ陳謝した。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012052501001587.html

**************

細野さんや野田さんが何か言っても、誰も何も信じないと思います。たとえそれが真実であったとしても。

ある村に、ヒツジ飼いの男の子がいました。来る日も来る日も、仕事はヒツジの番ばかり。男の子はあきあきしてしまい、ちょっといたずらをしたくなりました。そこで男の子は、突然大声を上げました。「大変だ! オオカミだ。オオカミだー!」

・・・あ?知ってますね、この話。

そこでワタクシから素晴らしい提案がございます。瓦礫の広域処理が本当に必要で本当に安全だと言うのなら、広瀬隆さんにお願いして、国民に説明してもらってください。

こんな素晴らしい考えを思いつくなんて、ワタクシ、天才。
コンテントヘッダー

まぁ、熱心ね

核燃サイクル秘密会議:「表」の会議上回る20回45時間
毎日新聞 2012年05月25日 02時53分(最終更新 05月25日 09時17分)

核燃サイクルを巡る秘密会議のうち毎日新聞が詳細を把握したのは20回。計約45時間に及び、「表」の会議である内閣府原子力委員会・小委員会の審議時間(約40時間)を上回った。すべて東京・霞が関の中央合同庁舎4号館で開かれ、延べ586人(1回平均29.3人)が参加し、2月16日が42人で最多だった。

鈴木達治郎・原子力委員長代理や内閣府原子力政策担当室の山口嘉温(よしはる)上席政策調査員(日本原子力発電からの出向者)が進行役を務めた。

一度でも出席したのは75人。1回平均最多だったのは電気事業者の7.4人で、特に電力10社で作る電気事業連合会・原子力部からの参加が目立った。経済産業省・資源エネルギー庁の5.6人、高速増殖原型炉「もんじゅ」を運営する日本原子力研究開発機構の4.4人と続いた。【核燃サイクル取材班】

http://mainichi.jp/select/news/20120525k0000m040177000c.html

******************

さぁ、国民の皆さん、もう目をつむって差し上げるような優しさは全部捨てましょう。くれぐれも「そういうヤツら」に未来を託さないように。
コンテントヘッダー

2012/05/24 気になる食材(放射線量) 

5/24発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第398報)

 岩手県 原乳  最大で3.7bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で10.0bq/kg(重箱の隅をご覧ください)

 宮城県 イワナ  最大で280.0bq/kg
     ウグイ  270.0bq/kg

 茨城県 イカナゴ親魚  最大で13.0bq/kg
     カタクチイワシ  5.5bq/kg
     アカガレイ  10.0bq/kg
     アンコウ  16.0bq/kg
     イシガレイ  最大で13.0bq/kg
     カナガシラ  30.0bq/kg
     クロウシノシタ  15.0bq/kg
     クロダイ  19.0bq/kg
     シロメバル  78.0bq/kg
     ショウサイフグ  14.0bq/kg
     スズキ  最大で51.0bq/kg
     チダイ  16.0bq/kg
     ババガレイ  最大で13.0bq/kg
     ヒラメ  最大で42.0bq/kg
     ホウボウ  最大で50.0bq/kg
     マガレイ  最大で41.0bq/kg
     マコガレイ  最大で58.0bq/kg
     マゴチ  26.0bq/kg
     マダイ  最大で38.0bq/kg
     マダラ  最大で51.0bq/kg
     ムシガレイ  20.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  60.0bq/kg
     エゾアワビ  最大で5.0bq/kg
     キタムラサキウニ  最大で26.0bq/kg
     アユ  最大で52.0bq/kg
     ウナギ  140.0bq/kg
     貝焼ウニ  21.0bq/kg
     茶(飲用)  最大で13.0bq/kg

 埼玉県 茶(飲用)  最大で3.9bq/kg

 千葉県 ヒラメ(流通品)  最大で17.0bq/kg
     ムシガレイ(流通品)  4.0bq/kg
     ブリ(流通品)  3.6bq/kg
     モツゴ(流通品)  22.0bq/kg
     ギンブナ(流通品)  29.0bq/kg
     茶(飲用)  最大で8.2bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で69.0bq/kg

 福島県 パッションフルーツ  4.2bq/kg
     牛肉  最大で11.2bq/kg(重箱の隅をご覧ください)


<重箱の隅>

岩手県の牛肉は、Cs137が10bq/kgですが、Cs134が<7.7なので、もう少し高い「かも」しれません。

福島県の牛肉はCs137が11.2bq/kgですが、Cs134が<8なので、もう少し高い「かも」しれません。

茨城県の原乳はND。(Cs(134+137)が1.8bq/kg以下)

茨城県の豚肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

茨城県のメロンはND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

群馬県・千葉県・愛知県・島根県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

群馬県の原乳はND。(Cs(134+137)が3.4bq/kg以下)

京都府・兵庫県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

福島県の上記以外の野菜類はND。(Cs(134+137)が5.7~14bq/kg以下)

*************

・・・そんなこんなで、お魚注意報は継続して発令させていただいております。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。