コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

では

「活断層」でも停止権限なし=大飯原発調査で原子力規制委員長

関西電力大飯原発(福井県おおい町)の敷地内岩盤の亀裂(破砕帯)が活断層と連動する恐れが指摘された問題で、原子力規制委員会の田中俊一委員長は31日の記者会見で、連動する可能性が高いと判断された場合の対応について「悩ましいのは今稼働しているものを法的に止める権利がない。行政的なお願いをすることになると思う」と述べた。

規制委は11月2日に外部の専門家を含めた調査チームが現地を視察し、同4日に評価会合を開く。(2012/10/31-20:06)

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012103100997

*********************

では一体、規制庁とは何を規制するのだろうか?
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

一応

復興願い、相模原の洋菓子店が福島産黄桃のジャム販売
2012年10月31日

相模原市中央区の洋菓子店「海援隊」が今月から福島県産の黄桃を使ったジャムを販売し始めた。東日本大震災や東京電力福島第1原発事故に見舞われた同県のため、遠く相模原からパティシエとしてできることとは。甘く香るジャムに職人が思いを込める。

なぜ、ジャムを作るのか。「缶詰でない、福島産の生鮮品が出回るのは一年のうちの一時期でしかない。ジャムにすれば長持ちし、いつでも味わってもらえる」。同店代表代行でパティシエの小泉猛眞さんはそう言い切る。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1210310006/より抜粋

*********************

ま、一応貼っておこうかと。
コンテントヘッダー

ただの雑談デスヨ

日本脳炎:ワクチン接種後に237件重症化 厚労省報告
毎日新聞 2012年10月31日 11時25分(最終更新 10月31日 12時09分)

日本脳炎ワクチンの接種後に子供の死亡例が2件続いたことを受け、厚生労働省は31日、副作用が疑われる重い症状が09年6月〜今年10月に237件あったことを、専門家でつくる日本脳炎の予防接種に関する小委員会に報告した。厚労省は死亡した2件については、それぞれの症状が異なることから、ワクチンの品質に問題があった可能性は低いとみている。

この日の小委員会は、10月に岐阜県で小学5年の男児(10)が接種直後に急死したことと、7月に9歳未満の子供が接種1週間後に急性脳症で死亡したことを受け、死亡事例の実態把握や対応を話し合うために開かれた。亡くなった2人には基礎疾患があり、服用していた薬があったという。

現在導入されている日本脳炎ワクチンは2種類あり、販売が始まった09年からこれまでに計約1400万回接種されている。厚労省によると、237件の重症例は、薬事法に基づいてメーカーから報告された。主な症状は発熱や嘔吐(おうと)、じんましんなど。ほとんどは回復したが、けいれんや運動障害などの重い症状が表れる「急性散在性脳脊髄炎(せきずいえん)」(ADEM)が11件あった。

日本脳炎ワクチンは1954年に日本で開発され、当時年間5000人前後に上ることもあった患者を急減させることに貢献した。だがADEMの発症報告があったため、国は05年に接種の積極的な勧奨をやめていた。現在のワクチンは、製造法を変えて安全性を高めたとされている。

http://mainichi.jp/select/news/20121031k0000e040178000c.htmlより抜粋

*********************

1954年当時年間5000人前後だった病気、今は年間どのくらいの人が患い、どの年齢に多く、どれくらい治癒しているのか・・・

など、調べるのが好きなワタクシは、いちいち調べるのでございます。
コンテントヘッダー

十分な理由でしょう

東日本大震災:震災関連死2303人 半数が福島県民
毎日新聞 2012年10月31日 東京朝刊

東日本大震災の影響で体調を崩すなどして死亡した震災関連死者が9月30日現在で2303人に上り、うち福島県民が約半数に当たる1121人だったことを平野達男復興相が30日、明らかにした。

福島県庁で佐藤雄平・同県知事と会談した後、記者団に語った。

http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20121031ddm041040027000c.htmlより抜粋

*****************

放射性物質との関係があるのかないのか分かりません。

でも、原発事故との関係はあるでしょう。子どもの鼻血も下痢も体重が増えないのも、すべてをストレスのせいにするのには猛烈に反対ですが、確かにストレスは万病のもとです。

震災のストレスなら、福島県だけ突出して死亡者が多いなんてことはないでしょう。他の県だって津波でめちゃくちゃにされました。福島県の方々はそれに加えて、原発事故によるストレスと言う、とんでもなく大きな心労が課せられてしまい、もうそれだけで原発をやめる理由になるほどです。

ただし、前述の通り、何でもかんでも「ストレスです、キリッ」と言う専門家の方々には、一晩中文句を言いたいくらい違和感があります。
コンテントヘッダー

厚木市さん、クリスマスコンサートをありがとう!

時間割をしていた我が子が、「お母さん、広島さん、コンサートに来るって!」と言いながら学校からもらってきたハンドアウトをワタクシに手渡しました。

 × 広島さん
 ○ 青島さん

先日、卵が先か鶏が先か、厚木市で行われるクラシックコンサートには、なかなか人が集まらない・・・と嘆いてしまいましたが、厚木市さんがこんな素敵な企画を用意してくださったなんて感激です。不満を愚痴ってしまってゴメンナサイでした。

青島広志さんは、テレビでおなじみの変なおじさんで(こら!)、夏休みには神奈川フィルを引き連れて、豪華なコンサートをされています。一昨年まで、厚木文化会館でも行われていたのですが、あまり集客できなかったようで大変心配していましたが、やはり前回はお見えになりませんでした。残念で泣きそうでした。。。

今回は神奈川フィルではありませんが、彼の楽団を引き連れて、コンサートに来てくださる、厚木市さんが呼んでくださったのでしょう、大変嬉しい企画です。一生懸命調べましたが、予定曲目などは不明でした。写真を見ると「オーケストラ」と言うよりは「室内楽」と言った感じの小規模な楽団で、きっと素敵な音楽を奏ででくださる予感です。

何が凄いのかと言えば、チケットは1席1500円です。この値段でクラシックのコンサートはどう頑張っても無理なのです。だからこそ、大勢さんに楽しんで欲しいと言う市の強い姿勢が伺えます、市が助成してくれています。

青島さんのコンサートの最大の魅力は、いちいち喋るのです。曲を演奏する前に、その曲にまつわるエピソードを、早口で面白おかしく説明してくださいます。その説明がお腹を抱えてゲラゲラ笑ってしまうほど面白く、また、曲への理解度もぐーんとアップしますので、クラシックに興味がなかったり、とっつきにくいと思っている方が居るとしたら、そんな心配を全部吹き飛ばしてくれるのです。

厚木市さんの用意してくださった素晴らしい企画、市民の皆さま、ぜひお子様を連れて聴きに行こうではありませんか。

ワタクシも先ほど、メールでチケットの申し込みをしました。先着順とのことですので、早めに申し込んだ方が良い席になりますかね???

厚木市さん、本当にありがとうございます。心から楽しみにしています。

*******************

青島広志のおしゃべりクリスマスコンサート with ブルーアイランド楽団

12月2日(日) 厚木文化会館大ホール
開場 12:30
開演 13:20

チケットは子どもも大人も1500円(2歳以下無料、ただし席を要する場合には1500円)

先着順で、申し込み締め切りは11/20(火)、申し込み方法や問い合わせは221-1110(子ども会育成連絡協議会事務局)
コンテントヘッダー

2012/10/30 気になる食材(放射線量)  原発事故は容赦なしですよ

10/30発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの
*「<」のついている数字は書き出していません

 厚生省まとめデータ(第510報)

 岩手県 エゴマ  12.0bq/kg
      そば  最大で30.0bq/kg

 秋田県 ナラタケ  9.8bq/kg

 山形県 ヒラタケ  28.0bq/kg

 産地不明 製造所:福島県 いわしの生姜煮レトルト(流通品)  19.0bq/kg

 栃木県 玄米  最大で56.0bq/kg
      そば  最大で6.7bq/kg

 山梨県 クリタケ  12.0bq/kg
      カヤタケ  11.0bq/kg
      ハナイグチ  54.0bq/kg
      ヌメリスギタケモドキ  16.0bq/kg

 静岡県 ユキワリ  350.0bq/kg
      ヌメリイグチ  87.0bq/kg
      コムラサキシメジ  60.0bq/kg

 福島県 ブロッコリー  4.5bq/kg
      りんご  最大で10.0bq/kg
      銀杏  最大で59.0bq/kg
      キウイフルーツ  23.0bq/kg
      ナツハゼ  42.0bq/kg
      菌床しいたけ(施設)  5.0bq/kg
      原木しいたけ(施設)  最大で28.0bq/kg
      原木しいたけ(露地)  6.7bq/kg
      原木なめこ(露地)  最大で30.0bq/kg
      玄米  最大で66.0bq/kg
      ハチミツ  73.0bq/kg

*****************

ハチが一生懸命集めている、彼らの命の糧が73ベクレルだなんて、悲しすぎます、申し訳なさすぎます(涙)。

静岡県の高い数値は、すべて野生キノコだそうです。静岡県でこんな数字が出るとは・・・原発事故は容赦ないのだと思い知らされます。

いや、こうして毎日このブログを見てくださっている方々は、この数値を見なくても思い知っているはずなのです。この数値を見ても、まだ原発が諦められない方々には、どんなことが起こると「思い知る」と言う経験になるのだろうか?
コンテントヘッダー

「長」だからこそ

大間原発建設「再開容認は住民無視」 説明会、批判相次ぐ

電源開発(Jパワー)が青森県大間町で建設中の大間原発について、同町と隣接する青森県佐井村は29日夜、村内の津軽海峡文化館アルサスで、工事再開後初の住民説明会を開いた。

住民約50人が参加。太田健一村長がJパワーによる工事再開までの経緯を説明した。太田村長が議会などで工事再開前に住民説明会を開き、意見を集約すると発言していたことから、参加者からは「住民の意見を聞かないで、事業者の工事再開を容認するのか」などと批判が相次いだ。

村議会で検討中の原発の賛否を問う住民アンケートが実施されていないことに対しても質問が集中。識者が指摘している大間原発内外の活断層問題に触れ、「住民は不安に思っている」「福島の原発事故で安全神話は崩れた」との声も上がった。

太田村長は「工事について事業者から事前の打診はなく、いきなり再開となった。私に(工事を)止めるだけの権限もない。皆さんの意見を真摯(しんし)に受け止め、関係機関に伝えたい」と理解を求めた。

http://www.kahoku.co.jp/news/2012/10/20121030t21018.htm

********************

住民に選ばれた村長さんなのだから、このまま住民の味方であることを貫いてください。

原発マネー中毒になってしまったら、もうやめられませんから、妥協しないでください。

ずいぶん前にCMがありましたよね、「人間やめますか?それとも・・・」って言う。今、その選択を迫られていると、ワタクシは思います。
コンテントヘッダー

正論

「処分場福島原発敷地内に」 福田議員発言 波紋

指定廃棄物の最終処分場の建設地について、民主党の福田昭夫衆院議員が「最適地は東京電力福島第一原子力発電所の敷地内しかない」などと発言し、福田知事は29日の定例記者会見で「違和感がある」と述べ、不快感を示した。

福田衆院議員は28日、国が候補地に選定した矢板市の反対団体メンバーを前に、「放射能汚染区域は拡大すべきでない」などとして、指定廃棄物の最終処分場を原発敷地内に設けるよう、処分場問題を抱える6県選出国会議員に働きかけていく考えを表明した。

知事はこれについて、「理論上はわかるが、福島県外の指定廃棄物をすべて持ち込むというのは、原発周辺の住民に『古里をあきらめなさい』というメッセージを送ることになりかねない」と指摘し、「県内のものを県内で処分するのがごく自然だ」と述べた。

知事によると、福田衆院議員の発言に対しては、29日朝に福島県の佐藤雄平知事から「(栃木県と)険悪な関係になる恐れがある」「(原発からの)電力消費地に放射性物質の廃棄物を戻せという議論に発展する」と忠告する電話があった。

読売新聞の取材に対し、福田衆院議員は「佐藤知事の怒りは理解できるが、このままでは建設地はどこにも決まらない。感情論でなく冷静に考えないといけない」と答えた。一方、福田知事からこの経緯を知らされた民主党県連の松井正一幹事長は、取材に対し、「福田衆院議員の発言は個人的見解だ」としている。
(2012年10月30日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20121029-OYT8T01692.htm

**********************

福田昭夫さんの仰っていることはマトモ・・・だと思う人が国民の大半ではないでしょうか。だって他にないでしょう? ただ勇気を持って発言したのでしょう?

Mox佐藤から脅し忠告の電話があったようですが、Mox佐藤の言っていることはマトモではないのですよ。大勢さんがそれに気づいているはず。

福島の人に「古里を諦めなさい」と堂々と言う優しさを持っている権力者は居ないのでしょうか? それは残酷な宣言ではなく、生きるための忠告です。新しい生活を確保するためのお金を十分に出そうと言う権力者は居ないのでしょうか?

土地より大事なものがあるではないですか、自分の命、愛する人の命、命より大事な子どもたち、その子どもたちの子どもたち・・・ 

土地に眠るご先祖様も、土地にしがみつくことよりも優先して欲しいものがあるはずです。少なくとも私なら「死んだ人のことより、今生きている人を、これから生きる人を優先して!」とお墓の中から叫ぶはずです。

原発事故と言うのは残酷なのです。福島の原発敷地内、それで足りなければ警戒地区に埋める以外の方法が無いのです。

本当に悲しいけれど、それが最悪の中の最善であることは、きっと誰もが理解しているはずです。
コンテントヘッダー

小さい子でも分かること

もんじゅ研究、核ごみの減量に重点 文科省の作業部会初会合
(2012年10月29日午後7時51分)

文部科学省は29日、核燃料サイクル政策の中核と位置付けられる高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の今後の研究計画を議論する作業部会の初会合を開いた。文科省はもんじゅを使って長期間強い放射線を出す核廃棄物を減量する研究に重点を置く考えを明らかにした。

年内に計画概要をまとめ、来年夏をめどに詳細な計画を作る。

9月に政府が決めた新たなエネルギー・環境戦略では、もんじゅについて「国際的な協力の下、高速増殖炉開発の成果の取りまとめ、廃棄物の減量と有害度の低減を目指して研究。年限を区切った研究計画を策定、実行し、成果を確認の上、研究を終了する」と記している。

廃棄物の減量は、商業用原発の使用済み核燃料に含まれる「マイナーアクチニド(MA)」と呼ばれる高レベル放射性廃棄物を再処理して核燃料に混ぜ、高速炉で燃やす構想。日本原子力研究開発機構はこれまでも高速実験炉「常陽」(茨城県大洗町)などでMA燃焼の実験を行ってきた。

作業部会では、委員から「もんじゅに発電の機能が求められているのか、核廃棄物の減量の研究に特化するのかはっきりさせるべきだ」「研究終了が決まっているのに議論しても無駄だ。若手は(もんじゅに)見向きもしない」などの意見が出た。

1995年にナトリウム漏れ事故を起こして停止したもんじゅは、2010年5月に運転を再開したが、同年8月には燃料交換用の炉内中継装置が原子炉容器内に落下するトラブルが発生。試験計画が大幅に遅れた。もんじゅにはこれまで約1兆円の事業費が投じられている。

県はもんじゅの位置付けを明確にするよう求める一方、「もんじゅのシステム、機器、組織、人的な問題も含めて検証し、責任を持った組織にしてもらいたい」(西川知事)との姿勢を示している。また、知事と文科相、経済産業相による「もんじゅ関連協議会」を開いて今後の方向性を議論するよう求めている。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpowermonjuresume/37714.html

*********************

核廃棄物の減量化を目指すなら、莫大な費用をつぎ込み、莫大なリスクを抱えながら「若手が見向きもしない」もんじゅに固執するのではなく、今ある以上の核廃棄物を出さないこと。

つまり、原発の運転をやめることが先決。

幼稚園児にも分かる簡単なことが、大人になると分からなくなってしまう不思議。
コンテントヘッダー

更に勉強します

ワクチンの安全性に重大懸念なし ポリオ不活化などで厚労省検討会
2012年10月29日 21時52分

9月に新たに導入されたポリオ(小児まひ)不活化ワクチンで初の死亡例が報告されたのを受け、厚生労働省の検討会は29日、報告内容を精査した結果「ワクチンの安全性に重大な懸念はなく、現時点で何らかの対応を行う必要はない」との見解で一致した。

厚労省によると、死亡したのは1歳未満の女児。接種から18日後に鼻血や嘔吐の症状が出て呼吸が停止、病院に運ばれたが低酸素脳症のため翌日死亡した。検討会は、かなり時間が経過してから症状が出たことなどを踏まえ「接種との直接的で明確な因果関係は認められない」と判断した。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012102901002336.html

*****************

このポリオの件は、ワタクシにも良く分かりません。

しかしながら、ワクチンは怖いものです。「義務だから」とか「みんな打ってるから」とか「(助成があって)無料だから」と言う簡単な理由で接種するのはよろしくないものだと思っています。

先日、ちょっと用事がございまして医者を訪ねました。今月からカルテを一斉に変更するのだと言うことで、子どもの病歴や予防接種などについても詳しく書くように言われ、紙を渡されました。その時に看護婦さんが「予防接種も、子宮けいがんのワクチンまで追えるようにする」と言っていました。

対象年齢になったときに、これでお知らせが届くのでしょうね。

そして、打っていないことを看護婦さんに「なぜ?」と問い詰められるのでしょうね。

ワタクシは予防接種のすべてを拒否したいわけではないのです。いちいち選びたいのです。従って、医師も看護婦も「そこまで調べているのなら」と納得してもらえるように(ただの変なお母さんだと思われると、子どもが不憫ですから)更に勉強をします。

医師や看護婦が、我が子を守ってくださるつもりで接種を勧めてくれるのだと言う気持ちは大切にしていますよ。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。