コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

大切なもの

集団的自衛権容認で大筋合意 公明、文言修正で妥協
朝日新聞デジタル 6月24日(火)21時45分配信

自民、公明両党は24日の与党協議で、憲法の解釈を変えて他国を武力で守る集団的自衛権を使えるようにすることで大筋合意した。自民が集団的自衛権の行使を認める閣議決定の原案を示したのに対し、公明はおおむね受け入れた。両党は憲法9条のもとで専守防衛に徹してきた日本の安全保障政策を大転換する。

「平和」を結党理念とする公明は当初、集団的自衛権の行使を認めることに慎重だった。だが、行使容認へ安倍晋三首相の強い意向が示され、連立政権を離れないと決断したことから、限定的な行使を条件に容認することで妥協した。

自民党の高村正彦副総裁は13日の与党協議で、閣議決定原案の根幹に当たり、集団的自衛権を使う際の前提条件となる「新3要件」を公明に提示。「他国に対する武力攻撃が発生し」た際、「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆されるおそれがあること」を条件とした。だが、公明があいまいな部分があるとして納得しなかったため、自民が再考していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140624-00000048-asahi-pol

******************

公明党は躊躇しているお芝居を続けていたけれど、結果は決まっていたのだよね。

創価学会さんよ、アナタたちに理念はないの? そういう宗教なの? ワタシは宗教を持っていないけれど、別に宗教を持っている人を嫌いではないし、それぞれだから構わないと思うけれど(ワタシに害がなければ)、せめて人としての暖かな理念は持っていて欲しいと思っているのに、それすら捨てちゃうくらい、与党で居ることってのは大事なの?

大事・・・なんだろうね・・・
コンテントヘッダー

2014/06/24 教育委員会定例会のレポートができない

昨日も教育委員会定例会の傍聴へ行って参りましたが、昨日は資料が配られず、議題も報告事項も分からず、やみくもにメモを取りましたが、上手くまとめられません。

今朝になって、せめて議題を追えればレポートになるかと市のHPを見たのですが、6月定例会の欄だけ抜けています。(6/25の8:58現在) さっぱり分かりません。

いじめ防止対策推進方針のパブコメは3件あって3件とも反映したそうですが、ワタシが提出した意見はありませんでした。あまりにも言葉足らずで伝わらなかったのか、削除されてしまったのか、メールが届いていないのか、原因は分かりませんが、ワタシからのメールは、誰に送っても「届かない」と言われたことはないのですが、厚木市には届いていないことが何度かあります。

まったく・・・傷つくよ・・・ 一体・・・いつから アルミン・・・あんたは私をそんな目で見るようになったの? な気分。
コンテントヘッダー

歴史に名を残したいらしい

復興庁:風評対策で強化指針…「美味しんぼ」騒動受け
毎日新聞 2014年06月23日 23時13分(最終更新 06月24日 01時49分)

復興庁は23日、東京電力福島第1原発事故に関する「風評対策強化指針」をまとめた。漫画「美味(おい)しんぼ」の放射線影響に関する描写が論議を呼んだことを踏まえた措置だが、これまでと似通った内容が目立ち、かえって対策の難しさを印象づけた。

指針の柱に据えたのは、風評の源を取り除く▽正確で分かりやすい情報提供▽風評被害を受けた産業の支援−−の3点。考え方としては昨年4月にまとめた風評被害対策の政策集と同様で、復興庁は「今回はより伝わりやすい文言に見直した」と説明している。

新たに盛り込んだのは、経済団体を通じた社内食堂などでの福島県産食材の一層の活用。また福島県への修学旅行者数を回復させるため、震災の「語り部」の増員を目指すとしている。

http://mainichi.jp/select/news/20140624k0000m010102000c.htmlより抜粋

****************

風評被害だと頑張れば頑張るほど歴史に名を残すことになるのに、「日本政府はホンモノの馬鹿だった」と、証明し、汚名を残すことになるのに、目の前のことしか見ていないのだから、視野が狭い上に先見の明がなくて誠にカッコ悪いですね。
コンテントヘッダー

気が狂いそう 優しい歌が好きで

敦賀に新産業団地 原発依存からの脱却図る
(2014年6月23日午前7時25分)

原発の長期運転停止で地域経済が低迷している福井県敦賀市が、経済基盤強化を目指し新たな産業団地の造成を決めた。予定地は同市田結(たい)の国道8号バイパス東側。敦賀港にほど近く、北陸自動車道敦賀インターチェンジ(IC)まで約4キロと立地条件に優れている。市は持続的な雇用確保を目指すとともに、特定の業種に限らず誘致活動を行う方針で、原発依存から脱却を図りたい考えだ。

経済産業省資源エネルギー庁がまとめた敦賀・美浜地域における経済・雇用影響調査によると、運転停止が続いた場合、将来的に年間95億円の損失になると試算した。また、日本原電敦賀1号機の運転停止により2016年以降は、固定資産税や電源立地地域対策交付金など計約7億円の減収となり財政は一層厳しくなる。市としては、できるだけ早く新産業団地の整備を進め、17年度の造成完了を目指すとしている。

県は昨年度、嶺南地域の産業団地整備を促進するため造成費を無利子で貸し付ける「特別経済対策産業団地整備基金」を創設。この制度を活用し、市は昨年度から新たな造成地を模索してきた。敦賀ICや港に近い立地条件、地質調査の結果から最終的に田結が選ばれた。物流関連企業などの誘致を想定している。今年7月20日に全線開通する舞鶴若狭自動車道も大きなアピールポイントになるだろう。

同市には現在、莇生野(あぞの)に産業団地があり、05年から分譲をスタート。用地13・8ヘクタールのうち9・56ヘクタールに4社が進出し約300人の雇用を生み出している。未分譲分が4・24ヘクタールあるが、大手企業や大規模工場を誘致するには足りない。対象業種も製造、電気供給かガス供給業に限定されている。新産業団地には9・6ヘクタールを造成し、7・1ヘクタールを分譲する計画だ。莇生野の現状や実績を踏まえると、新産業団地にかかる期待は大きい。

市の産業は、宿泊業やサービス業が多く、製造業が少ないのが特徴。サービス業が多いのは、原発立地都市特有の傾向といえるだろう。今年の総務省調査によると、12年の産業別事業所数は「宿泊業、飲食サービス業」が全体の16・9%で県内7市で最も高く、「製造業」は5・6%と7市で最も少なかった。こうした産業構造をバランス良く改善することも課題だ。

同省調査で、宿泊業の12年度売り上げは10年度の6~7割以下になっている。原発作業員の利用に頼っていた市内の民宿は「運転再開の予測も立たず、待っていても仕方がない」と、家族向けの部屋に改装するなどの動きも出始めた。新産業団地には、市民の危機感を払拭(ふっしょく)するだけのスピード感が求められる。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/51457.html

***************

おっ!これは(・∀・)イイ!!

なかなか困難だと思う。ゼロからスタートするならまだしも、今あるものを(ある意味で)壊して作ることは困難を極めると思う。

でも、いつか必ず、その時を生きている人たちから「あの時のご先祖の決意に感謝する言葉」が次々と出てくるはず。

僕が言ってやる でっかい声で言ってやる
聞こえてほしい あなたにも
ガンバレ!!!!!
コンテントヘッダー

羨ましいほどポジティブ

除染後の線量、10年後には避難解除の基準に 国が試算
2014年6月23日13時19分

東京電力福島第一原発の事故による帰還困難区域を念頭に、将来的な個人被曝(ひばく)線量について、内閣府が初めて試算した推計結果が明らかになった。年間100ミリシーベルトの地点でも効果的な除染を行えば、事故から10年経った2021年には避難指示解除の要件のひとつである年間20ミリシーベルトを下回ると推計。国は23日にこの試算を公表し、住民説明会などでも説明する。

政府は住民の帰還に際して、空気中の放射線量を測った空間線量よりも、個人が実際に浴びる個人線量の方が生活実態に近いとして、個人線量を復興政策に反映させようとしている。一方で、被曝線量が年間50ミリシーベルトを超える帰還困難区域では本格的な除染が行われておらず、事故から10年経った個人被曝線量を推計した。

環境省が昨年、帰還困難区域での除染効果を検証した、雨風や放射性物質が壊れて減っていく「自然減衰」などの影響による線量の減少に、個人の屋内外での滞在時間などを加味して試算した。

http://www.asahi.com/articles/ASG6R02BCG6QUTFK00H.htmlより抜粋

****************

すべては都合のいいように物事が進んで、想定外のことは起こらずに、計算通り、順調に時間が経過した場合には、あり得なくもないのかもしれないけれど、この計算がまったく外れないと言う確率は極めて低いわけで。

単なる希望なのでしょうけれど、実際は違うわけで。

これが計画通りに行くのなら、チェルノブイリの「ゾーン」はもう無いわけで。
コンテントヘッダー

2014/06/23 気になる食材(放射線量)  トカゲの尻尾は切れてもしばらく動く

6/23発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの
*「<」のついている数字は書き出していません

 厚生省まとめデータ(第884報)

 岩手県 わらび  21.0bq/kg
     イワナ  最大で61.0bq/kg
     ウグイ  最大で6.1bq/kg
     ヒラメ  6.2bq/kg
     牛肉  最大で15.0bq/kg
     
 新潟県 ふき  3.0bq/kg

 秋田県 ネマガリタケ  最大で56.0bq/kg

 茨城県 クロダイ  最大で5.5bq/kg
     シロメバル  13.0bq/kg
     スズキ  最大で14.0bq/kg
     ヒラメ  3.0bq/kg
     マダラ  最大で23.0bq/kg
     イサザアミ  9.1bq/kg
     ヤマメ  13.0bq/kg
     ワカサギ  最大で14.0bq/kg

 群馬県 まいたけ  8.8bq/kg
     原木しいたけ(施設)  8.3bq/kg
     たけのこ  最大で46.0bq/kg
 
 千葉県 たけのこ  最大で24.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で21.0bq/kg
     ウナギ  最大で44.0bq/kg
     テナガエビ  4.8bq/kg
     モクズガニ  7.6bq/kg

 宮城県 たけのこ  最大で40.0bq/kg
     クロダイ  4.7bq/kg
     あゆ  最大で14.0bq/kg
     スズキ  最大で13.0bq/kg
     ネズミザメ  3.0bq/kg
     アオザメ  4.1bq/kg
     ヤマメ  最大で25.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  11.0bq/kg
     マダラ  5.8bq/kg

 栃木県 どくだみ  6.6bq/kg
     ブルーベリー  13.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で3.7bq/kg
     ヒラタケ  4.0bq/kg
     エリンギ  6.5bq/kg
     ナメコ  22.0bq/kg
     マイタケ  3.8bq/kg
     たけのこ  58.0bq/kg
     ウワバミソウ  11.0bq/kg

 東京都 ウナギ  最大で5.7bq/kg

 福島県 わらび  最大で48.0bq/kg
     ウワバミソウ  最大で13.0bq/kg
     梅  最大で22.0bq/kg
     コモンカスベ  最大で19.0bq/kg
     サメガレイ  最大で50.0bq/kg
     スズキ  10.0bq/kg
     ナガヅカ  9.9bq/kg
     ババガレイ  最大で67.0bq/kg
     ヒラメ  最大で25.0bq/kg
     マガレイ  最大で12.0bq/kg
     マコガレイ  最大で16.0bq/kg
     メイタガレイ  7.1bq/kg
     アイナメ  最大で52.0bq/kg
     イシガレイ  240.0bq/kg
     クロダイ  最大で23.0bq/kg
     コモンカスベ  最大で63.0bq/kg
     シロメバル  11.0bq/kg
     スズキ  最大で16.0bq/kg
     ホシザメ  12.0bq/kg
     マゴチ  16.0bq/kg
     マダラ  最大で46.0bq/kg
     ムラソイ  18.0bq/kg
     キタムラサキウニ  最大で12.0bq/kg
     イワナ  最大で190.0bq/kg
     ウグイ  最大で10.0bq/kg
     ヤマメ  最大で130.0bq/kg
     ジュンサイ  最大で40.0bq/kg
     牛肉  最大で13.0bq/kg
     たけのこ  11.0bq/kg
     黄桃  最大で5.0bq/kg
     コシアブラ塩漬け  36.0bq/kg
     乾しいたけ  最大で40.0bq/kg
     干しぜんまい  最大で50.0bq/kg
     しそ巻き  6.1bq/kg
     ブルーベリージャム  18.0bq/kg
     

 国立医薬品食品衛生研究所のデータ

 埼玉県 しいたけ  17.0bq/kg

**********************

週に1度の厚生省まとめデータですが、月曜日の夜に出たり、火曜日の朝に出たり、統一性がありません。

野次報道ばかりで、トカゲの尻尾切り?と思いながらニュースに耳を傾けて書き出しました。トカゲは尻尾が切れても大丈夫と言うのが定説ですが、本トカゲにしてはかなり苦労することであり、体力も奪われて、死んでしまうこともあるそうです。

だから、トカゲの尻尾を切ればいいってもんじゃないと思います。

どっかの「最後は金!」の人は、偉い人にばかり謝って回り、仮設住宅にはぜんぜん行かなかったそうですよ。分かりやすいですね。悪いと思ってないもんね。
コンテントヘッダー

特異なムラの村

青森県六ヶ所村長選 核燃推進の戸田氏が初当選

任期満了に伴う青森県六ケ所村長選は22日、投開票が行われ、無所属新人の前副村長戸田衛氏(67)が、無所属新人の会社経営菊川慶子氏(65)、フリーター梅北陽子氏(61)、無職関千尋氏(50)を大差で破り、初当選を果たした。

村には使用済み核燃料再処理工場が立地し、稼働予定を10月に控える。福島第1原発事故後、初めてとなった村長選では核燃料サイクル政策の是非が争点となった。

戸田氏は引退を表明した古川健治村長(80)の後継指名を受けた。選挙戦では「原子力との共存共栄を図る」と核燃サイクル推進を強調。村議全員が支援に回り、支持を集めた。

菊川氏は核燃サイクル政策に依存した行政や村づくりからの脱却を主張したが、及ばなかった。梅北氏と関氏は再処理工場廃止などを訴えたが、広がりを欠いた。

当日の有権者は8687人。投票率は62.94%で、前回(60.31%)を2.63ポイント上回った。

◇青森県六ケ所村長選開票結果(選管最終)
当5144 戸田  衛 無新
  152 菊川 慶子 無新
   96 梅北 陽子 無新
   22 関  千尋 無新

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201406/20140623_21014.html

******************

ホントに六ヶ所村と言うところは特異な場所なのですよ。村議全員が核燃料サイクル政策を支持しているなんて、こんな自治体があることが驚きです。

どこかのおばかさんが「最後は金」と言ってバッシングを受けているけれど、でもそれは本当なのだと思う。

豊かな自然も、美しい風景も、子どもたちの未来も、目の前に高く積まれるお金の前には価値がなくなってしまった。・・・失くされてしまった。

農業を奪われ、漁業を奪われ、核燃料サイクルと共存する以外に生きる道を断たれてしまい、依存せざるを得なくなってしまった六ヶ所村。

原発マネー中毒にされてしまった村民たち。依存せざるを得なくなってしまった人たち。核燃料サイクルが、シャbになってしまった。

片や合法、片や違法。

でも、結局、同じ。
コンテントヘッダー

誰にとっての「お得」なのか

5万円の「電気代安くなるシール」効果なし 各地で相談続々
2014.6.22 14:41

「ブレーカーに貼ると、マイナスイオン効果で電気代が安くなる」として、高額なシールの購入を勧誘されたとの相談が昨年から各地の消費生活センターに相次いで寄せられていることが21日、分かった。国民生活センターによると、相談者の多くが「効果がなかった」と話している。

「原発ゼロ」で迎える見通しとなった今夏、国民生活センターの担当者は「節電効果を売り物にした悪質商法が増える恐れがある」と注意を呼びかけている。

センターによると、知人らの紹介で販売元のセミナーなどに参加し、シールの購入を勧誘されるケースが多い。また、人にシールを紹介すると、販売元から報酬がもらえるといい、マルチ商法の仕組みと酷似している。

シールは縦約2センチ、横約5センチで販売価格は3万~5万円とみられる。屋内のブレーカーなどに貼ると、マイナスイオンが発生し、静電気を緩和することで電気の流れが良くなり、電気代が3~4割安くなるとうたっている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140622/crm14062214410004-n1.htmより抜粋

******************

「お得」と言う言葉に弱い人と言うのは実際に居て、大変申し訳ないけれど、とても視野が狭くて気の毒だと思う。「お得」と言う言葉に釣られて、きっと何度も何度も損をしているのに、それでもまた「お得」に釣られてしまうのでしょう。

世の中に、美味しい話ってのは転がっていない。
コンテントヘッダー

ポジティブすぎませんかね?

地下水位の変動なく 海洋放出1カ月、効果見通せず

東京電力福島第1原発事故の汚染水対策「地下水バイパス計画」は21日、1~4号機建屋に流れ込む前にくみ上げた地下水の海洋放出が始まってから1カ月が経過した。これまでの6回にわたる放出量は計約6800トンに上る。ただ、1~4号機建屋に1日約400トン流入する地下水量を100トン程度減らせるとの触れ込みで始まったものの、現時点で建屋周辺の地下水の水位にほとんど変動はなく、効果は見通せない状況だ。

地下水バイパスは、1~4号機建屋の周囲の地中を凍らせる「凍土遮水壁」、汚染水から62種類の放射性物質を除去できる「多核種除去設備(ALPS)」とともに国、東電が汚染水問題の抜本策に位置付けている。しかし、建屋に向けて流れる地下水の速度は非常に遅い上、専用井戸は建屋から100~400メートルも山側に離れているため即効性に課題が残る。東電は「効果は1カ月では分からず、数カ月程度はかかる」と説明している。

地下水バイパスの効果を早急に上げるためには、建屋により近い場所に井戸を設置すべきとの指摘もあるが、東電は「建屋周辺の地中には配管などが相当数埋設されており、現行の場所が井戸を掘れるぎりぎりの位置」としている。
(2014年6月22日 福島民友ニュース)

http://www.minyu-net.com/news/news/0622/news9.html

*****************

人間が都合よく計算した結果通りになる確率の方が低いとワタシはずっと思っているけれど。

人の手に負えないものを作って動かして事故って、その事故の収束が人の手に負えるとは、どうしても思えないけれど、それでも推進したい人は頭の中でどんな計算をしているのかな?
コンテントヘッダー

中毒者であることを認めることから治療を始めてください

河瀬・敦賀市長:新交付金制度を要望 原発長期停止で、資源エネ庁に /福井

敦賀市の河瀬一治市長は20日、経済産業省資源エネルギー庁を訪れ、原発の長期停止に伴う立地自治体の経済支援として、新たな交付金制度の創設などを求める要望書を提出した。今年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」では原発立地自治体の地域支援を定めており、具体的な要望を示すことで早急に取り組むよう促すのが狙い。

http://mainichi.jp/area/fukui/news/m20140621ddlk18010649000c.htmlより抜粋

******************

「ヤク中は、もうそれなしでは生きていけなくなってしまうのだ」と言う現実を、まざまざと見せつけられているようだ。

彼等をヤク漬けにしてしまった責任も大きいので、経済支援はして差し上げて欲しいですが、中毒の方も、中毒から抜けるために全力を尽くさなくてはならないと思う。その姿勢があっての経済支援なら、ワタシは反対しない。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。