コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

子どもたちを教育する前に大人がすべきこと

佐世保同級生殺害、児童相談所への通報放置
TBS系(JNN) 7月31日(木)12時8分配信

佐世保市で高校1年生の女子生徒が同級生を殺害したとして逮捕された事件で、先月初め、この女子生徒の行動を懸念する通報が佐世保市の児童相談所にあったものの、放置されていたことがわかりました。

これは、31日の県議会の委員会で県の担当者が明らかにしました。

「(電話で)『高1女子について相談したい』との相談だった。(今回の報道を受けて)内容が事件と関連があるのではないかと児童相談所が相談者に確認したところ、加害生徒と判明した」(長崎県の担当者)

この事件は、今月26日、佐世保市内のマンションで高校1年生の松尾愛和さん(15)を殺害したとして、このマンションに1人で住む同級生の16歳の女子生徒が殺人の疑いで逮捕・送検されたものです。

関係者などへの取材で、この女子生徒は中学時代、猫を虐待死させる問題行動を複数回起こしたことがわかったほか、このころから女子生徒は「人を殺してみたかった」と殺人に興味を持ち始めた趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で新たにわかっています。

先月、児童相談所にあった通報の内容については明らかにされていませんが、猫の虐待に関しては県の関係機関がその事実を把握していたとみられており、事件の予兆ともされる問題行動への対応のあり方が問われることになりそうです。(31日11:33)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140731-00000025-jnn-soci

**************

コメントは控えたいと思っていた事件ですが。。。どうしても我慢できなくなって。

佐世保市では「命を大切にする教育」とやらが行われていたのに。。。と大人たちが嘆いているようですが、大人の皆さん、そのような教育を子どもたちに行うよりもっともっともっとずっとずっとずっとしなくちゃならない大事なことがありますよね?

大人たちが、大人の都合で表沙汰にせずに裏で済ませてしまうとか、問題に対して真正面から向き合わないとか、対応しないとか・・・ これを改善し、最善を尽くすように大人たちを教育してやれる人は居なかったのですか?

命を大切にする教育よりも、後者の方がはるかに大事です。命が大切であることは、教えられなくても知っているのが普通であり(まれに例外も居るでしょうけれど)、そもそも大事に思う気持ちなんて、教育でどうにかなるとは思えない。心に命令はできない。

でも、大人たちの対応は必ずどうにかできるものだ。今できる最善を。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

そりゃそうでしょうよ

福島第一原発のがれき粉じん、7回宮城へ 東大など調査
2014年7月31日08時00分

東京電力福島第一原発のがれき撤去作業で飛散した放射性の粉じんが2011年12月以降に計7回、約60キロ先の宮城県丸森町まで飛んだ可能性が高いことが東大などの調査で分かった。調査チームは「昨年8月の大規模ながれき撤去以外でも広範囲に飛散したことが分かった。費用をかけてでも防止に万全の策をとるべきだ」と指摘している。

http://www.asahi.com/articles/ASG7Z01KRG7YUUPI005.htmlより抜粋

***************

想像力のある人なら、簡単に気づいていたこと。

瓦礫撤去の際に飛散した放射性物質は、どこかの田んぼめがけて飛んで行ったのではないよって言っているのに、なぜ「宮城へも飛んだ!!!」って新事実発見みたいな記事になっているのかと。
コンテントヘッダー

なんかもう殺人レベルの気がする

被ばく線量、引き上げ検討=原発緊急事態対応で―作業員意思確認も議論・規制委
時事通信 7月30日(水)12時8分配信

原子力規制委員会は30日、原発で重大事故などの緊急事態が発生した際に、作業員らの被ばく線量上限値に関して現行の100ミリシーベルトから引き上げる必要があるか検討を始めることを決めた。田中俊一委員長が同日開かれた定例会合で提案し、了承された。

東京電力福島第1原発事故では、作業員らの線量上限値が100ミリシーベルトのままでは対応できないとして、急きょ250ミリシーベルトまで引き上げられた。田中委員長は「国際的には500ミリシーベルトということもあり、検討してはどうかと思う」と述べた。

国際原子力機関(IAEA)は「救命活動」や「壊滅的状況への発展を防止するための活動」に関して被ばく線量を500ミリシーベルト未満とする推奨値を示している。また、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告は、救命活動に関して線量制限を設けていない。

被ばく線量は100ミリシーベルトでがんを発症して死亡する確率が0.5%上昇し、線量が多いほどリスクが高まるとされている。

田中委員長はまた、「被ばくする作業員の意思を確認する方法などを検討しておく必要がある」と述べた。今後、規制委で海外の事例などを参考に議論し、上限値を引き上げる場合は放射線審議会に諮問する。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00000057-jij-soci

***************

原発事故前の、原発作業員たちの労災認定記録を見てみれば分かること。どのくらいの線量で認定されているか、、、

500mSvって・・・ 「死ね」ってこと。

でも、そのくらいの数字を用意しなければ収束なんてできないと言うこと。

原発には絶望しかないと思うけれど、稼働だの新設だのにこだわっている人はまず500mSv浴びてから議論の場へどうぞ。
コンテントヘッダー

2014/07/29 気になる食材(放射線量) あ、今日発表のデータなのか

7/29発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの
*「<」のついている数字は書き出していません

 厚生省まとめデータ(第889報)

 青森県 マダラ  最大で3.5bq/kg

 宮城県 牛肉  最大で41.0bq/kg
     アユ  最大で21.0bq/kg
     そば  最大で11.0bq/kg
     シログチ  最大で4.8bq/kg
     マゴチ  最大で18.0bq/kg
     スズキ  最大で8.5bq/kg
     ヤマメ  6.2bq/kg

 茨城県 さつまいも(流通品)  最大で8.3bq/kg
     アイナメ  最大で3.4bq/kg
     キツネメバル  11.0bq/kg
     クロダイ  最大で9.0bq/kg
     シロメバル  最大で4.9bq/kg
     スズキ  最大で6.8bq/kg
     ヒラメ  最大で5.7bq/kg
     ムシガレイ  4.7bq/kg
     ムラソイ  最大で10.0bq/kg
     ヤマメ  24.0bq/kg

 栃木県 エンサイ  4.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で11.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  最大で9.9bq/kg
     まいたけ  8.9bq/kg
     はちみつ  最大で13.0bq/kg

 群馬県 菌床しいたけ(施設)  最大で7.0bq/kg
     原木しいたけ(施設)  最大で15.0bq/kg

 千葉県 ウナギ  6.9bq/kg

 福島県 小麦  最大で2.3bq/kg(量を摂るので、ワタクシ基準値は1bq/kg)
     イシガレイ  最大で90.0bq/kg
     スズキ  12.0bq/kg
     ヒラメ  最大で18.0bq/kg
     マガレイ  最大で15.0bq/kg
     マコガレイ  最大で42.0bq/kg
     アイナメ  最大で11.0bq/kg
     クロダイ  47.0bq/kg
     コモンカスベ  最大で92.0bq/kg
     シロメバル  最大で91.0bq/kg
     ヌマガレイ  9.2bq/kg
     ババガレイ  最大で240.0bq/kg
     ホシザメ  37.0bq/kg
     マダラ  最大で7.4bq/kg
     ムラソイ  55.0bq/kg
     アユ  50.0bq/kg
     イワナ  最大で50.0bq/kg
     ヒメマス  100.0bq/kg 正確には101.2bq/kgまたズルっこ
     牛肉  最大で7.3bq/kg
     原木しいたけ(施設)  5.0bq/kg
     たもぎたけ(露地)  16.0bq/kg
     干しぜんまい  30.0bq/kg
     梅干  7.3bq/kg

*****************

すみません、昨夜は楽譜を作るのに夢中で、書き出しできませんでした。しかも、10日に1回とか、公表をやめるとかではなかったようで、厚生省さんごめんなさいね、週1回でもありがとう。←すみません、今日付けのデータでしたので、昨夜は時間があったとしてもまとめられなかったようです。

作っていた楽譜は、子が「弾きたい」と切望していたアニメの主題歌。これを私が弾きはじめると、遊びに来ている子どもたちが一斉にピアノ部屋へ集まって来るのです。子が弾きやすいようにアレンジしておりました。楽譜を作るの、苦手なのですよ。分数の計算ですからね・・・計算に弱いので、入力ソフトを使います。大変ありがたいツールです。

やはりピアノは楽しい。
コンテントヘッダー

力づくでも卑怯な手を使ってでも「勝った者」の都合で

インタビュー:原子力規制委の審査「厳正でない」=元安全委技術参与
2014年 07月 28日 16:33 JST

[東京 28日 ロイター] - 原子力規制員会の新規制基準審査に合格し、再稼働に向け動き出した九州電力川内原発(鹿児島県)について、旧原子力安全委員会で技術参与を務めた滝谷紘一氏(71)は、ロイターのインタビューで、「(規制委は)科学的、技術的に厳正な審査をやっていない。政治や産業界からの要請に応えるべきということが支配しているのでは」と、批判の声を上げた。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FX0HJ20140728より抜粋

**************

>>政治や産業界からの要請に応えるべきと言うことが支配している

・・・からこそ、めちゃくちゃなことがまかり通っているわけで、国民の半数以上はそれに気付いているわけで、それでもアベセーケンは俺たちさえ良ければの集まりなわけで。

稼働を要請しているのも稼働させるのも「政治や産業界」、結論が先にあることは間違いない。

いつもそうだ、歴史はそうやって作られているのだ。
コンテントヘッダー

公約通り

米、14年産コメ増産へ
2014年 07月 28日 17:26 JST

【ワシントン共同】米国で2014年産のコメ生産量が4年ぶりの高い水準に増える見通しであることが28日分かった。価格上昇や天候の安定で作付けが広がっているためだ。環太平洋連携協定(TPP)締結後の日本への輸出拡大をにらみ、コメ農家が生産意欲を高めている可能性もある。

米農務省の需給見通しによると、14年産(14年8月~15年7月)のコメ生産量は1025万トンで、過去最高の1103万トンだった10年産以来の水準に達する見込み。輸出量は485万トンと2年ぶりに増加へ転じる計画だ。

http://jp.reuters.com/article/jp_Abenomics/idJP2014072801001655

***************

米、コメ、ややこしや。

買いたい人は買えばいいんでないか? 

きっと日本より農薬を多く使うし(基準値以下なのかもしれないけれど)、空か海か分からないけれど辿りつくまでに強烈な殺鼠剤・殺虫剤と一緒に送られてくる(基準値以下なのかもしれないけれど)と思うけれど、買いたい人は買えばいいと思う。

そして買いたい人が国産米を買わなくなると、農家が困り、米作を辞めてしまったりして、食糧自給率は更に落ち、輸入元として頼っている国に天災があった場合には切り捨てられる日本。

ジミントーセーケンは日本をウリトバスのだよ。
コンテントヘッダー

てめぇのおかげさま

求人倍率22年ぶり高水準=失業率は3.7%に上昇―6月調査
時事通信 7月29日(火)8時35分配信

厚生労働省が29日発表した6月の全国の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.01ポイント上昇の1.10倍となり、19カ月連続で改善した。1992年6月(1.10倍)以来22年ぶりの高い水準となった。一方、総務省が同日発表した労働力調査(同)によると、6月の全国の完全失業率は前月比0.2ポイント上昇の3.7%だった。悪化は10カ月ぶり。

景気の緩やかな回復を背景に、労働市場の需給は逼迫(ひっぱく)しつつある。6月は製造業や医療・福祉業で新規求人が大幅に増加した。

有効求人倍率は求職者1人に何件の求人があったかを示す指標。都道府県別では愛知が最高で1.57倍、最低は沖縄の0.68倍だった。正社員の有効求人倍率は前月比0.01ポイント上昇の0.68倍にとどまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00000021-jij-pol

***************

正社員の有効求人倍率が0.68倍なのに、全体の有効求人倍率が1.10、この差を嘆いてこそ報道であり、「倍率上がったね、良かったね」に傾いている報道は阿呆の極み。

この数字たちが表しているのは、「お安く働いてくれる人を大募集!社会保障まで責任持たないから、自分でやってね!」と言う企業がうじゃうじゃあると言うことだ。

こうして若い人たちに、結婚するとか子どもを持つとか家を買うとか、昭和なら「普通」だった「目標」を失わせて、さぁどうする日本???

そこから考えなくちゃ、こんな倍率を出して来ても、何の意味もないでしょ。

アベのくるくるぱーの御蔭さまさまで景気が回復していないと言う確固たる証拠にはなったかもしれないけどね。
コンテントヘッダー

自分さえ良ければ

関電、歴代首相7人に年2千万円献金 元副社長が証言

関西電力で政界工作を長年担った内藤千百里(ちもり)・元副社長(91)が朝日新聞の取材に応じ、少なくとも1972年から18年間、在任中の歴代首相7人に「盆暮れに1千万円ずつ献金してきた」と証言した。政界全体に配った資金は年間数億円に上ったという。原発政策の推進や電力会社の発展が目的で、「原資はすべて電気料金だった」と語った。多額の電力マネーを政権中枢に流し込んできた歴史を当事者が実名で明らかにした。

• 金を渡すと角さんは「頂いたよ」
• 関電からの2千万円 元首相側「初耳」「わからない」

内藤氏が献金したと証言した7人は、田中角栄、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘、竹下登の各元首相(中曽根氏以外は故人)。

内藤氏は47年に京大経済学部を卒業し、関電前身の関西配電に入社。62年に芦原(あしはら)義重社長(故人)の秘書になり、政財界とのパイプ役を約30年間務めた。

関電の原発依存度は震災前は5割を超え業界でも高く、原発導入を円滑に進めるには政界工作が重要だったという。

内藤氏は2013年12月から今年7月にかけて69時間取材に応じ、11年3月の東京電力福島第一原発の事故について「政府の対応はけしからん」「長年築いてきた政・官・電力の関係に問題があった」と指摘した上、多額の政治献金を電気料金で賄ってきた関電の歴史を詳細に語った。

http://www.asahi.com/articles/ASG7N029QG7MUUPI00B.html

**************

国民にとって絶対に必要な技術や発電であれば、こんなことをしなくてもスムーズに導入されたはず。

ここまでしなければならなかった理由は簡単で、「事故を起したら取り返しがつかないもの=国民が許さないもの」であり、「だけと、すべては俺たちのために」でしょう。簡単にくれてやったお金も、自分たちが汗水垂らして働いたものではない、そこらの人から強制的に徴収した金だ。

根本的に間違っているとは思わないかね?
コンテントヘッダー

ワタシにとってもあり得なかった

集団的自衛権で徴兵制不可避? 広がる「現実無視」の感情論
2014.07.26

集団的自衛権の行使容認に対して、不可解な反対論が広がっている。「行使容認は、徴兵制の導入につながる」というものだ。安倍晋三首相は真っ向から否定しており、軍事・安全保障の専門家も「あり得ない」と一笑に付すが、かつて政権中枢にいた野中広務元官房長官らが発信源となり、朝日新聞や赤旗なども、こうした言説を取り上げている。

「自衛隊は戦争にいかない前提で入隊した人たちが多いから、実際に行けといわれたら辞める人も多いはず。いずれ必ず徴兵制がやってくる」

朝日新聞は18日付朝刊で、こう警告する野中氏のインタビュー記事を大きく掲載した。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140726/plt1407261528004-n1.htmより抜粋

**************

徴兵されるぞ!と言う記事ではなく、この先には「現実的に考えると徴兵制はないだろう」と言うまとめになっている。

「あり得ない」ことは山ほど起きているのだよ。原発が事故を起こすことはあり得なかったわけだし、津波が非常用発電機を使えなくしてしまうのもあり得なかったのでしょう?

野中がまともに見えるワタシ自身もあり得なかったけど。
コンテントヘッダー

そんなものを「地獄」と呼ぶ程度の頭脳

東北電天下り「暇地獄」 経験者が勤務実態証言

原子力行政を担当した宮城県庁OBが東北電力に再就職していた問題で、経験者の一人が勤務実態を証言した。業務らしい業務は与えられず、専門性が問われる局面もなかったという。県は「経験が生かせる職場」と説明するが、OBは「暇すぎて地獄だった」と当時を振り返った。

OBが勤務したのは2000年以降のこと。デスクは仙台市青葉区の東北電本社に置かれ、勤務は午前8時半から午後5時半だった。午前は「ゆっくりと新聞を読む」のが日課で、午後は自分の勉強に時間を費やした。

決裁権限は一切なく、社内プロジェクトに参加することもなかった。主な仕事は、社幹部が県庁にあいさつに行く際の日程調整ぐらい。専門性は関係なかった。

宮城県人事課は、東北電について「県庁で積んだ経験を生かせる職場」と説明している。証言は、こうした県の言い分と食い違いを見せる。

このOBは「飼い殺しされているようだった。眠気と闘う毎日だった」と言う。

報酬は年600万円。県庁関係者らによると、業務内容を含めた待遇は現在も大きく変わっていないとみられる。

OBは労働を伴わない対価に苦痛と罪悪感を覚え、何度も退職を考えた。だが、「次に続く後輩に迷惑が掛かる」と踏みとどまったという。

県庁時代、「天下り」とされる再就職を意識して仕事をしたことはなかったのか。OBは「そのようなことはなかった」と明言。その上で「福島第1原発事故で再就職の慣例が終わると思っていた。今も続いていることに違和感を覚える」と語った。

宮城県庁OBの東北電への再就職は1989年に始まった。福島第1原発事故前に7人が経験し、事故後の現在も1人が勤めている。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140727_13009.html

***************

暇地獄だなんて、そんな地獄はないし、暇であることを地獄とは言わない。この時点で、くるくるぱーが天下って自ら非難を浴びる発言をしてしまう程度の頭だと理解できる。

そしてそのそのくるくるぱーが暇地獄とやらで手にする600万円は庶民の電気代に含まれているんだ。

すげぇな。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。