コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

痛みで567人が失神ねぇ・・・

子宮頸がんワクチン、接種後567人失神状態

厚生労働省は27日、子宮頸(けい)がんを予防するワクチンを接種した後に、失神を起こしたり意識がはっきりしなくなったりした女性が812人報告されたと発表した。ワクチンの副作用ではなく、筋肉注射の痛みや恐怖によるショックが原因と考えられるという。

厚労省は、失神に備えて接種後30分は院内で安静にさせるよう医療機関に注意を呼びかけている。

子宮頸がんワクチンは、2009年発売の「サーバリックス」と、11年発売の「ガーダシル」がある。厚労省によると、812人は今年3月末までの報告数。このうち意識を失う失神状態になった人は567人、さらに転倒して歯や鼻の骨が折れた人が51人いた。

企業の推計では3月末までの接種者数はサーバリックスが253万人、ガーダシルが31万人という。

失神を起こしたのは接種から15分以内が約9割を占めた。厚労省は、接種後に歩く際には保護者や看護師らが付き添うことや、約30分間は背もたれのあるイスに座らせることを徹底するよう求めている。

子宮頸がんワクチンは現在、国と市町村が中学1年~高校1年の女子を対象に接種費用を公費で助成している。来年度には、予防接種法に基づく定期接種となる見通しだ。

接種後の失神でひどいけがをしたら、公的な救済制度で医療費などが支給される場合もある。

http://www.asahi.com/health/news/TKY201206270538.html

*******************

疑惑の子宮けいがんワクチンです。なかなか接種する人が増えないので、助成するようになりました。無料の自治体もあるのです。

そして、残念なことに「今受ければ無料だから」と言う理由で、子どもに接種させる親も居るのです。

アメリカでは、とうとう「男子にも!」と言う意味不明を通り越して、何かを企んでいるのではないかと思えるような怖い報道もありました。

ワタクシはワクチン警戒派です。子どもには、自分でガンガン調べて、必要だと思えるものだけ接種させています。あれもこれも怪しさ満点なのですが、インフルエンザと子宮けいがんのワクチンは、怪しい極まりないと感じています。(あくまでもワタクシの個人的な意見です)

ワクチンもおそらく、「こちらの方が正しい」と言うことは無いのでしょう。きちんと調べて、必要だと判断する親御さんの選択も尊重します☆
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。