コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

被曝とは何か

福島第1原発:1号機圧力抑制室外側で高線量を検出
毎日新聞 2012年06月27日 21時29分(最終更新 06月27日 23時11分)

東京電力は27日、福島第1原発1号機の原子炉建屋内にある圧力抑制室外側で毎時1万300ミリシーベルト(毎時10.3シーベルト)の放射線量を検出したと発表した。1号機の原子炉建屋内では最高だった。1号機は、1〜3号機の中で最も核燃料の損傷度が大きく、放射性物質を含む水が外に漏れているのが原因とみられる。

東電によると、26日に建屋1階から地下1階へ線量計などを挿入して調べると、汚染水の高さは5.2メートル、水温は32〜37度だったことが分かった。線量は水面に近いほど高く、直上で同1万300ミリシーベルトを示した。汚染水の透明度は約60センチで、配管には事故直後の海水注入の影響で、さびが生じていた。

人体は1000ミリシーベルトを全身に浴びると吐き気などが生じ、1万ミリシーベルトは致死量に当たる。2号機の格納容器内では今春、同7万2900ミリシーベルトを検出した。

東電の松本純一原子力・立地本部長代理は27日の記者会見で、「これだけの高線量下では、ロボットに作業を頼らざるを得ない」と述べた。

http://mainichi.jp/select/news/20120628k0000m040070000c.html

****************

「高線量を検出!!!」って、「当たり前だろバーカ!!!」と言い返したくなる気持ちをぐっと抑えるのに必死です。(言ってない、言ってないよ!)

原子力災害なのです、メルトダウンした核燃料がどこかにあるはずなのですから。

何度もしつこくてすみませんが、JCOの臨界事故、亡くなった大内さんが浴びた線量が約17シーベルトだと言われています。

私が何年もブクマしている、あるURLです。「東京大学医学部附属病院発表 東海村臨界事故被ばく患者さんについて」と言う、報道資料です。淡々と医学的なことが書いてあります。
http:/☆/tortilla.jp/yagit/iroiro/todaiA/☆jcotoiga.html
(ご覧になる際には、☆を取ってください。残念ながら、Chromeでは文字化けしています、explorerでどうぞ)

「朽ちていった命~被曝治療83日間の記録」と言う本は、NHKスペシャル「被曝治療83日間の記録~東海村臨界事故」を書籍化したもので、83日目に大内さんは亡くなりましたので、報道資料は第82報まであります。

話をもとに戻しますが、10.3シーベルト、石棺する以外に解決する方法があるのでしょうか?

*報道資料が見られなくなっている時にはメールください。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。