コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

活動している方々に敬意を表します

多摩川でカメの遺棄増加、「ポスト」中止以降/川崎
2013年5月30日

飼育が難しくなった魚などを一時保護してきた稲田公園内の「おさかなポスト」(川崎市多摩区)でカメ類の受け入れを中止して以降、遺棄されるカメの姿が多摩川で目立つようになっている。ポストを管理する川崎河川漁協総代の山崎充哲さんによると、その数は多いときで80匹に上る。多摩川の生態系を守るため、6月2、3の両日、捕獲作業に乗り出す山崎さんは、作業を手伝うボランティアを募集している。

おさかなポストは、飼いきれなくなった外来種の魚などを預かり、川への放流を防ぐことで水辺の生態系のバランスを取り戻そうと2005年に設置された。

当初は想定していなかったカメの持ち込みも多かったため、引き取って学校などに飼育を託していたが、持ち込まれる数が増えすぎたことなどから4月に受け入れを中止。無差別に捨てる飼い主に警鐘を鳴らす意味もあったが、山崎さんによると、5月の大型連休を過ぎたころから、外来種のカメが大量に多摩川で見られるようになったという。

「捨てられたカメに責任はないが、多摩川の生態系と生物多様性を乱してしまう」と懸念する山崎さん。こうした事態に対応しようと、捕獲作業を行うことに決めた。2日正午ごろに多摩区内の多摩川で専用の籠を設置、翌3日午前に籠に入り込んだカメを引き上げる行程だ。

引き上げたカメは、特定外来種を除き、NPO法人おさかなポストの会の飼育管理事務所で飼育しながら、飼い主を募っていく。山崎さんは「捕獲作業を手伝ってくれるボランティアが10人ほどいるとありがたい」と協力を呼び掛けている。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1305300017/より抜粋

**************************

このカメのほとんどは、ミシシッピアカミミガメだと思います。ワタシ自身は外来種と在来種を差別をしていませんが、一般的にミシシッピアカミミガメは外来種と呼ばれています。

売られている時には小さくてかわいらしいのですが、大きくなります、かなりのデカさです。で、飼いきれなくなって遺棄するモラルの欠如したクルクルパーが出てくるのです、残念なことに。

この問題を根本的に解決するには、「日本に連れて来ない」「誰でも買える状況で売らない」・・・これしかないのでは? 

今の日本の外来種対策と言うのは大変お粗末なもので、バシバシ殺す「個体調整」などと言う身勝手なものでしかないのです。なぜそんなことができるのか、人の心を持っていない・・・

ちなみに、外来種だけでなく、日本の在来種であっても、観光名物にするために遠くから連れてきて、後に増えすぎたと言う理由で餓死させたりしています。もはや人間の心を持たぬ者たちに殺されています。

毎度毎度、これらの悲しい事実を目の前に、ワタシは泣きながら署名したり、自治体にメールを送ったりするのです。無力でもいい、もう何もしないで居ると、ワタシの方が頭がおかしくなりそうだから。

だって、「殺す解決」なんて間違っています。

水道の蛇口が壊れて水が出てくる→下にバケツを置いて溜まった水を捨てる

これは解決ではないのです。

蛇口を修理して水を止めなくちゃ。

だから、入口の規制を強化してください。外来種問題は、これ以外では解決しない。入口を止め、今居るものは「捕獲→去勢・避妊 or 飼育」、必ず解決できるはず。殺す解決をどうかしないでください。動物たちに口なし、話せない動物たちを悪者にしないでください。

ペットショップでの生体展示販売、しないでください。小さくて可愛いですから、衝動買いをする人が必ずいるのです、残念ながら。犬猫の生体展示販売はもちろんのこと、爬虫類やウサギも見せびらかして売るようなことをしないで欲しいのです。売る方もどうかと思いますが、買う方も「ペットショップがどんなものなのか」と言うことを、良く知って欲しい、裏側がどうなっているのか、、、もうこれ以上書くと泣いちゃうので、また今度。

小さな可愛いカメさん、大きくなります、臭いもするし決して飼いやすいとは言えないでしょう。衝動買いしないでください、お子さんに頼まれても、一生面倒を見てやることができるかよーーーく家族で考えて、それから結論を出してください。

ミシシッピアカミミガメ、日本では「ミドリガメ」と呼ばれています。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。