コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

生みの親ですから

廃炉までの交付金を要望 全原協総会で県内の首長
2013年5月30日

都内で二十九日開かれた全国原子力発電所所在市町村協議会(全原協)総会の意見交換会。県内の立地自治体の首長からは、原発廃炉が完了するまでの交付金制度の創設や新産業創出への支援など廃炉も見据えた将来的な立地地域対策を求める声が上がった。

「プラントを廃炉にするまで二十年かかる。解体や放射性廃棄物の処理など更地に戻るまで何らかの交付金制度を位置付けてもらいたい」

最初に質問に立った山口治太郎美浜町長は廃炉完了までの支援を訴えた。

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20130530/CK2013053002000016.html

***********************

仕方ないよね、原発をそこへ置いたのは国だから。

交付金を与えるしか、住民を納得させる方法はないでしょうね。何だかスッキリしないけれど、仕方ない、国が作りだした「原発マネー中毒」なのだから、国が与え続けるしかないでしょう。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。