コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

アベクンバカスギテコマル

英、対シリア軍事行動を断念=米は方針堅持、単独介入検討

【ロンドン、ワシントン時事】英下院は29日夜、対シリア軍事行動に関する政府提出の動議を反対多数で否決した。キャメロン首相は採決後、「議会が軍事行動を望まないことがはっきりした」と述べ、シリアでの化学兵器使用を受けた軍事介入を断念する意向を表明した。

これを受けて、米国家安全保障会議(NSC)のヘイデン報道官はオバマ大統領が国益に沿って行動し「(アサド政権による)化学兵器使用に責任を取らせる」方針を確認したことを明らかにし、シリアへの介入方針を堅持する考えを示した。

CNNテレビなどは、オバマ政権が米国単独のシリア介入の可能性について、検討を始めたと報じた。29日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、今回の軍事介入は小規模にとどまり、米国単独で十分行えるとし「重要なのは同盟国による外交的支持だ」との政府高官発言を伝えた。

ただ、オバマ大統領はシリア対応で英仏など同盟国の参加を前提としていた経緯があり、最重要同盟国である英国の離脱は、米国の軍事作戦に影響を及ぼす可能性もある。

キャメロン首相はシリアで化学兵器使用疑惑が明らかになった21日以降、「さらなる化学兵器使用を抑止する」ことを目的とした軍事介入に積極姿勢を取ってきた。

英政府の動議は、シリアのアサド政権による化学兵器使用を非難し、英軍の軍事行動の可能性を認める内容。

当初、動議は1回の採決で直ちに軍事行動に移れる内容だった。しかし、野党労働党の要求を受け、軍事行動のためにはシリアで活動中の国連化学兵器調査団の結果を待って再度の採決を必要とするよう修正するなど大きく譲歩。だが、労働党は結局反対に回った。また、与党保守党内にも介入への慎重論が相次いだ。(2013/08/30-11:19)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013083000109

************************

イギリスは、与党の意見ばかりではなく、野党や国民の意見にもきちんと耳を傾けてくれる国なのですね。羨ましいです。うちの与党、見てください、あまりに酷いじゃないですか。

少し前のことを思い出すと、大量破壊兵器はなかったでしょう? 捏造だったでしょう?

日本はアメリカのワンワンらしいので、おバカなアベクンはアメリカが軍事介入したら国連決議がなくても支持を表明するらしいですよ。アメリカさまの方しか向いていないのだわね、悲しいことに。ご近所にロシアさんがいらっしゃるというのに、なぜ勝手なことを簡単に言っちゃってるの? それって日本の民意ではないでしょう???

イギリスは「断念」と言う、勇気有る決断ができましたが、さて、アメリカは? フランスは? そして、アベクンは?
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。