コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

それが目的?

福島医大が寄付講座 いわきの産婦人科医療充実へ

福島医大は24日、来年1月1日付で寄付講座「地域産婦人科支援講座」を新設すると発表した。いわき地域の産婦人科医療に関する現状の把握・分析などの研究を進めるとともに、必要な医師の確保、同地域の産婦人科医療体制の充実を図ることが目的で、研究拠点となるいわき市立総合磐城共立病院には、同医大から産婦人科の医師3人が派遣され、研究のほか一般診療にも従事する。

同医大から派遣される3人の医師は当面は常勤1人、2人が交代で勤務。来年4月からは2人が常勤、1人が非常勤となる見通し。

寄付講座の運営経費や研究費には、いわき市からの寄付を充てる。設置期間は2018(平成30)年12月31日までの5年。

同共立病院を中心とした産婦人科医療体制の充実や婦人科系のがんの発生状況の把握と原因追究、予防策の構築などの研究を進めるが、短期的な観点からは慢性的に不足している地域の産婦人科医を確保する面でも講座開設の効果が期待される。

講座設置に関する協定書の締結式は25日午後1時30分から、福島市の福島医大で行われる。(2013年12月25日 福島民友トピックス)

http://www.minyu-net.com/news/topic/131225/topic6.html

*****************************

>>いわき地域の産婦人科医療に関する現状の把握・分析などの研究

>>産婦人科医療体制の充実や婦人科系のがんの発生状況の把握と原因追究、予防策の構築などの研究

福島医大による・・・研究???
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。