コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「食べる」ではなく「吸いこむ」心配

スギ花粉のセシウム調査 福島東部、来月から林野庁
2011.10.30 21:08

スギ花粉の季節を前に林野庁は11月から、東京電力福島第1原子力発電所に近い福島県浜通りのスギ林を中心に、スギ花粉に放射性セシウムがどれだけ含まれるかの調査に乗り出す。12月には中間報告を公表する予定。スギ花粉の汚染につては懸念する声もあるが、飛散しても体内に取り込まれるのは微量とみられ、専門家は「普段通りの花粉対策をしていれば心配ない」と指摘している。

調査は、スギの生葉に含まれる放射性セシウムが、11月にかけて成長する雄花や内部の花粉にどれくらい移行するかを調べる。

文部科学省が6月に行った調査では、スギの生葉に含まれた放射性セシウムの最高値は1キロ当たり17万7600ベクレル。だが「葉から花粉にどの程度移行するかは、まったく予測ができない」(林野庁)という。

専門家の間でも、意見はまちまちだ。日本原子力研究開発機構の吉田善行客員研究員(放射化学)は「花粉にはいろいろな特性があり、飛び始めまでにしっかりとした調査をすることが前提」とした上で、常緑樹のモミの木の調査では、古葉から新しい葉に移行しなかったと指摘。「現時点では、葉から花粉に移行するとは考えにくい」と語る。
 一方、首都大学東京大学院の福士政広教授(放射線安全管理学)は埼玉県産の狭山茶などから基準値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された例から「一定の量が葉から雄花に移行する可能性はあるだろう」とみる。

スギ花粉は例年、関東地方では2月上中旬から飛び始める。気象情報会社「ウェザーニューズ」の予測では、来春の飛散量は全国的に今年より7割減の見込み。

林野庁によると、福島県内のスギ林は約18万5千ヘクタールで、花粉の飛散距離は風速や風向によって数百キロに上り、関東地方に到達する可能性もあるという。

ただ、福士教授は「過度に心配する必要はない。放射性セシウムを含んだ花粉が飛んでも体内に取り込む量はごく微量。心配であれば、マスクやゴーグルを着用するなど通常の花粉対策で十分防げる」としている。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/111030/fks11103021430002-n1.htm

****************

>>文部科学省が6月に行った調査では、スギの生葉に含まれた放射性セシウムの最高値は1キロ当たり17万7600ベクレル。

驚愕の数値ですね。


>>常緑樹のモミの木の調査では、古葉から新しい葉に移行しなかったと指摘。「現時点では、葉から花粉に移行するとは考えにくい」と語る。

現時点では、、、「タダチーニ」と同じかほり。


>>福士教授は「過度に心配する必要はな(略

あら、福士センセでしたか。ワタクシ、別のセンセのご意見を伺いたいです。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。