コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

念力を送ってみる

ワクチン接種後の痛み 見解変えず
2月26日 18時40分

子宮頸がんワクチンの接種後、原因不明の痛みを訴える患者が相次いだ問題を巡る厚生労働省の専門家会議が開かれ海外の医師が「ワクチンの成分が原因の疑いがある」と指摘しましたが、専門家会議は科学的な根拠が不足しているとして採用せず「接種の際の痛みや不安などが症状を引き起こした可能性がある」とする見解を変更しませんでした。

子宮頸がんワクチンは、接種したあと原因不明の体の痛みを訴える患者が相次いだため、厚生労働省は、去年6月、積極的に接種を受けるよう呼びかけるのを中止し、厚生労働省の専門家会議は、先月、「接種の際の不安や痛みなどが症状を引き起こした可能性がある」とする見解をまとめました。

26日開かれた専門家会議では、アメリカとフランスの医師が「患者の血液などを調べたところワクチンの成分によって免疫機能に異常が起き、脳や体に炎症を起こした疑いがあり、痛みや不安などが原因とは考えられない」と指摘しましたが、専門家会議は「科学的な根拠が不足している」としてこれまでの見解を変更しませんでした。

そのうえで再発防止策について、接種の前に強い痛みがあることを十分に説明することや、症状が出た場合、その後の接種を中止すべきだといった意見で一致しました。

専門家会議は、来月にも報告書をまとめたうえで、接種の積極的な呼びかけを再開すべきかどうか判断することにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140226/k10015558551000.html

****************************

痛みや不安が症状を引き起こしたんですか、ああそうですか。

と言うわけで、残念なことではありますが、歴史を見れば分かることと言うのは、「人は歴史から学ばない」と言うことだそうで、またこれも薬害エイズのような経過をたどらなければいいなと思います。

国の言うことを鵜呑みにしていると、取り返しのつかないことになるかもしれませんので、保護者の皆さんがしっかり判断してください。このワクチンがお子さんのためになるかならないか。

・・・ただ、無関心な親御さんが多いのも事実で、ワタシは毎日祈ります。

子どもたち、気づいて!!!!!
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。