コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

で、その場合に浴びる線量は?

原発事故、5~30キロ圏は屋内退避を…規制委
2014年05月28日 19時54分

原子力規制委員会は28日、原子力発電所の過酷事故時に屋内避難がどれぐらい効果があるか試算した結果をまとめた。

原発の周辺自治体が避難計画を作るための基礎資料として公表した。

試算によると、周辺住民の被曝線量(全身)は、2日間木造家屋の中に退避した場合は25%、コンクリートの建物に退避した場合は50%、それぞれ減った。

むやみに逃げるより、屋内にとどまった方が被曝が少なくなるため、規制委は「原発から5キロ圏内の住民は基本的に速やかに避難し、5~30キロ圏は屋内退避するのが合理的」と評価している。

試算は、再稼働に向けた安全審査が優先して進む九州電力川内原発(鹿児島県)の原子炉1基と同規模の原子炉で、放射性セシウムが100テラ・ベクレル放出された場合を想定した。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20140528-OYT1T50105.html

******************

・・・つまり、30キロ圏内の速やかな避難なんて無理ってことですね、分かります。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。