コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

修学旅行までの道のり No.13 またお手紙を差し上げました

先日、学校を訪ねる機会がありましたので、校長先生とその他教職員の皆さま宛てのお手紙を、担任の先生にお渡ししました。以下がその内容です。

****************

修学旅行の件で手紙を書いた者です。その節は長々と読んでいただきありがとうございました。その後に配布されたハンドアウトを、恐らく校長先生からの回答とされていることと思っておりますが、やはり「行き先を変えない」と言う理由としては、この年齢の子どもたちが汚染重点調査地域へ行く価値があるかと言う点において、到底納得のできるものではありませんでした。実に残念です。

私から差し上げた手紙、学校からいただいたお手紙、すべてを私は未来の子どもたちが過去を振り返るための判断材料として適切に保管し、過去のことを知りたいと願う全ての人々へ国内外を問わず提供する所存です。貴重な資料をありがとうございました。

さて、今回のお手紙ですが、今度は日光修学旅行に際してのお願いでございます。

1.見学コース、宿泊施設等、詳細が決まりましたら、決定した時点で速やかにお知らせください。現地へ赴いて様々な測定をして情報発信をされている方々がいらっしゃることですし、私も情報を可能な限り多く集め、子を送り出す保護者として子どもを守るための最善を尽くしたいと考えています。

2.現地で子どもが口にする食材の産地情報をお知らせください。(もし宿泊施設のサイトで公開するのであれば、私自身が調べますが。)日光の旅館組合では、学校からの要望があれば食材の産地を変更できるそうです。世田谷区では保護者からの食材産地変更要望を、教育委員会から旅館組合に申し入れたことがあります。私も場合によよっては変更のお願いをしたいと考えています。なお、藤沢市の小学校は、学校のホームページ上で修学旅行の際の食材の産地情報を開示し、藤沢市で測定する際の検出下限値(3bq/kg)を上回る食材は使わないことを保護者に約束しております。ぜひ藤沢市の各小学校ホームページにある修学旅行の欄を参考になさってください。

3.厚木市教育委員会定例会、あるいは市議会において、「日光に不安があると言う理由から修学旅行に参加しなかった人数」が公表されることがありますが、「ゼロでした」と報告するのではなく、「不安があるが、子どものために苦しい決断で参加させた保護者が居る」と言うことを必ず報告してください。

以上、勝手なお願いではありますが、1・2は「子どもたちを守る」と言う観点から必要不可欠であり、また3は教育委員会に対する「修学旅行実施に関する保護者の意識」における正確な現状報告であり、学校側から拒否されることは無いと考えております。

ご対応のほど、宜しくお願い致します。

2014年6月13日

**************

返事をいただけたら、また書きます。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。