コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

対岸どころか

3号機燃料取り出し、「遠隔操作」で初実施 福島第1原発
2014.6.25 21:09 [原発]
東京電力は25日、平成27年4月以降に予定している福島第1原発3号機の燃料貯蔵プールからの燃料取り出し作業について、3号機周辺の放射線量が高いことから作業員の被曝(ひばく)を防ぐため、遠隔操作でクレーンを動かして行うと発表した。

現在取り出し作業を進めている4号機では建屋内で作業員がクレーンを運転し、目視で燃料の位置を確認しながら実施しており、廃炉作業の新たな試みとなる。

3号機原子炉建屋は水素爆発により上部が損壊。東電によると、散乱したがれきなどを撤去した上で、専用のカバーを設置し内部にクレーンなどを設置する。3号機原子炉建屋の上部では、これまで毎時約500ミリシーベルトと極めて高い放射線量が計測されている。

3号機の燃料プールには使用済み燃料が514本、新燃料が52本貯蔵されており、東電は2年間かけて取り出すとしている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140625/dst14062521090004-n1.htm

*******************

こんな恐ろしいことをしなければならないくらい恐ろしい状態になっている場所に、なぜ「より近づいて」修学旅行をしなくちゃいけないの? 素直に疑問なのですけれど、子の学校関係者のどなたも、ワタシのこの質問には答えてくれませんでした。

福一の収束は他の星でやっていることだと思っているんだよね、ガッコの先生たち。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。