コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

てめぇのおかげさま

求人倍率22年ぶり高水準=失業率は3.7%に上昇―6月調査
時事通信 7月29日(火)8時35分配信

厚生労働省が29日発表した6月の全国の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.01ポイント上昇の1.10倍となり、19カ月連続で改善した。1992年6月(1.10倍)以来22年ぶりの高い水準となった。一方、総務省が同日発表した労働力調査(同)によると、6月の全国の完全失業率は前月比0.2ポイント上昇の3.7%だった。悪化は10カ月ぶり。

景気の緩やかな回復を背景に、労働市場の需給は逼迫(ひっぱく)しつつある。6月は製造業や医療・福祉業で新規求人が大幅に増加した。

有効求人倍率は求職者1人に何件の求人があったかを示す指標。都道府県別では愛知が最高で1.57倍、最低は沖縄の0.68倍だった。正社員の有効求人倍率は前月比0.01ポイント上昇の0.68倍にとどまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00000021-jij-pol

***************

正社員の有効求人倍率が0.68倍なのに、全体の有効求人倍率が1.10、この差を嘆いてこそ報道であり、「倍率上がったね、良かったね」に傾いている報道は阿呆の極み。

この数字たちが表しているのは、「お安く働いてくれる人を大募集!社会保障まで責任持たないから、自分でやってね!」と言う企業がうじゃうじゃあると言うことだ。

こうして若い人たちに、結婚するとか子どもを持つとか家を買うとか、昭和なら「普通」だった「目標」を失わせて、さぁどうする日本???

そこから考えなくちゃ、こんな倍率を出して来ても、何の意味もないでしょ。

アベのくるくるぱーの御蔭さまさまで景気が回復していないと言う確固たる証拠にはなったかもしれないけどね。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。