コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

そうはさせたくない

辺野古沖ブイ設置、移設作業を急ぐ理由は?
TBS系(JNN) 8月14日(木)18時56分配信

辺野古への基地移設。10年前は激しい抗議活動によって、前提となる調査が中止となっています。今回は、ブイであらかじめ立入禁止水域を設定して、反対派を排除するという強い姿勢に出たわけですが、一方で反発も強まりそうです。

ブイの設置作業は14日午前7時半頃から始まり、午後6時前現在は、沖合に厚い雲がかかり雨が降っている状況ですが、一部の船が作業を続けています。14日は大きな混乱はみられませんでしたが、政府が今回、万全の警備態勢でブイの設置に着手したのは、11月の沖縄県知事選の前に着実に作業を進めたい政府の狙いがあるとみられます。

10年前のボーリング調査は、移設に反対する市民らの激しい抗議行動で中止に追い込まれました。これを受け、政府は今回、安全確保を理由として、アメリカ軍への提供水域、立入禁止水域を大幅に拡大しました。抗議行動を排除する狙いがあるとみられます。

政府がこうした強い姿勢で移設作業を進める背景には、11月の沖縄県知事選挙があります。知事選では、普天間基地の移設問題が大きな争点となる見通しですが、政府は11月末までを予定している海底ボーリング調査を今のうち進め、埋め立てを承認した仲井真知事が出馬する知事選への影響をできるだけ小さくしたい考えです。

辺野古移設に対する根強い反発をよそに、着々と移設計画を推し進める政府に対し、沖縄の反発は強まっていて、今後、反対する市民らとの海上での衝突も懸念されます。(14日17:54)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140814-00000036-jnn-pol

****************

埋め立てを承認した仲井真さんが出馬する時点で難しいはずなのですが、きっとまた札束チラ付かせて何とかしようと考えていることでしょう。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。