コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

そうきたか

食品安全委:大豆で「青魚のDHAに変わる成分」含む
毎日新聞 2014年08月23日 07時00分

 ◇新しい遺伝子組み換え大豆に「安全性に問題ない」の評価

内閣府の食品安全委員会は、米国の大手バイオ企業「モンサント社」開発の新たな遺伝子組み換え大豆について、「食品や飼料として安全性に問題はない」との評価を出した。人や動物が食べると体内で、健康な生活の維持に必要な必須脂肪酸の一種で本来、青魚に豊富に含まれる「ドコサヘキサエン酸(DHA)」や「エイコサペンタエン酸(EPA)」に変わる成分を含むのが特徴だ。ただ、現時点で具体的な商品化計画はないという。

遺伝子組み換え作物はこれまで、除草剤をまいても枯れなかったり、害虫に強かったりする種類を中心に開発されてきた。しかし最近は栄養素などで高付加価値を掲げた作物の研究が海外を中心に進んでおり、これまで食品安全委も、植物油の主成分である脂肪酸の一つ、オレイン酸を豊富に含む「高オレイン酸大豆」などの安全性を評価した。DHA、EPAに絡んだ農作物は今回が初めての評価だ。

この大豆は、別の植物などの遺伝子を組み込むことにより、DHAやEPAの前段階の成分で、本来は大豆にはない「ステアリドン酸」を含み、油分の約20%を占めるようにした。米国でも安全性に問題ないと評価されている。

食品安全委は2011年7月から審査し、今年7月に官報で「問題ない」との結論を公表した。現在、消費者庁が食品に使用する場合の原材料表示の意見を募集している。

DHAやEPAはもともと、イワシやサバなどの青魚に豊富に含まれ、心血管疾患のリスク低減などの研究が進んでいる。大豆は一般的に食用油やみそ、しょうゆなどの原料になり、豆腐などの加工食品としても使われる。モンサント社の日本法人、日本モンサントは「この大豆由来なら魚特有の臭いもなく、さまざまな加工食品に用いやすいと思われる。消費者の健康志向に役立つ原材料になるのではないか」としている。

http://mainichi.jp/select/news/20140823k0000m040163000c.htmlより抜粋

****************

少し前のニュースですが。

遺伝子組み換え食品にNOを申す人が増えると、こんな作戦に出るのですねぇ。

「安全性に問題がない」と言ってもダメだけど、日本人はきっと「健康に良い」とか「痩せる」とか、そんな言葉に弱い。

先日の「ビキニ水爆実験」のNHKスペシャル。アメリカは日本人の放射能アレルギーを払拭するために「平和利用」でごり押しして、いろんなイベントを開かせた。そして「アレルギーは消えた」と言っています。

遺伝子組み換え食品も同じ道を辿っているのだと感心してしまうのは、ワタシの性根が曲がっているからですか、そうですか。

現時点で具体的な商品化計画はないそうだけど、こうして人の意識を少しずつ変えて、気づけば食わされる羽目になるはず。美味しい話には裏がある。口車に乗るな。

健康的になりたいとか痩せたいとか思うなら、食事や生活をきちんと見直すところから始めようよ。簡単に元気はつらつとか、簡単に痩せるとか、あり得ないでしょう?
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。