コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

異常事態継続中

福島第一原発の吉田所長が入院したニュースが、夕方のニュースからテレビでも報道されるようになりましたが、やはり「積算線量はナイショ」だし、「病名はナイショ」だし、「被曝との因果関係はない」などと言うし、ここまで具体的な内容がゼロと言うことは、必ず被曝と関係があるのだろうと、もう我々は学びましたネ。

吉田所長という人を、英雄扱いする人も居れば、彼こそが曲者なのだと批判する人も居て、こればかりは一般人にはどちらが正しいのか見当がつきません。ただ、下のリンクからPDFを開けば、想像を絶する中で指揮を執ってきた人であることは分かるのです。だから、何となく吉田所長を悪く言いたくないと、個人的には思います。

これまで放射性物質は恐ろしいものだったのに、自国で事故が起これば「ただちに影響はない」程度のものになってしまい、汚染されている食品を避けることが風評被害を引き起こしていることになり、子どもにお弁当を持たせることが「神経質すぎて可哀想」な世の中になってしまいました。それほど、政府の「洗脳」は大変にお上手だった、と言うわけです。

でも、思い出してみませんか? 原子炉が、一体どうなるのかと、心拍数は上がりっぱなし、東電の会見に耳を傾け、成す術がないことに絶望し、自衛隊の目薬作戦(ヘリからの放水)に涙が止まらなかった春のこと。

3/11から、吉田所長が経産省・福島県知事・地元自治体に送り続けていた異常事態連絡報告書です。

http://www.nisa.meti.go.jp/earthquake/plant/1/plant-1-3.pdf

今もなお異常事態は継続しています。

・・・この報告書は残しておきたいので、雑談してみました。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。