コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

その子たちが年金を払うのだ~

子どもの声は騒音ですか? 絶えぬトラブル、条例改正も
2015年1月26日19時00分

保育園や遊び場の子どもの声をめぐるトラブルが絶えない。厳しく騒音を規制する条例がトラブル拡大を招いた東京都では、就学前児童の声を規制対象から外す改正案が2月議会で提出される。一方、保育園と住民が話し合いで歩み寄ったケースもある。

http://www.asahi.com/articles/ASH1S5HNGH1SUTIL00R.htmlより抜粋

**************

何度かこのブログに書いたけれど、ほんっと悲しい社会だね。

お互いにルールを守れば上手くいくだろう。

始めに保育園に子どもを通わせている保護者のマナー向上。朝、急いでいるのは分かるけれど運転が荒い、怖いっすよ。人を撥ねるより仕事に遅れる方がずっとマシでしょうに。それから「子どもがいるから配慮してもらって当然」と言う考え方をやめる、「地域全体で育ててもらっている」ことをいつも念頭に置く。

保育園は近隣住民と園児・保護者が一緒に楽しめるイベントを企画する。近隣の方々を招いて交流する。お互いを知ることで騒音は騒音でなくなる。

近隣住民は自分も子どもだったことを忘れずに。自分たちの年金は将来その園児たちが払ってくれることを忘れずに。

うちの近所の児童館は、ピアノを弾ける時間が夕方の1時間だけに限られているようだ。ここ数年は分からないけれど、うちの子が頻繁に利用していた時にはそんなルールがあった。近所からクレームが出たのだろう。何が悲しいって、その児童館はもともと畑の真ん中にポツンとあった。いつの間にかそこに家が数軒建ち、人々が引っ越して来た。そこに児童館があることを知っていて居住している人たちからのクレームに対応する児童館・・・悲しすぎる。

良好な関係が出来上がれば、騒音どころか、その一体が笑顔になれると思う。みんなでお互いを思いやることはできないだろうか。子どもの声が聞こえない社会は衰退するだけだよ。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。