コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

何と言われても本気だから

「もっと早くから捜査すべきだった」 人質殺害で捜査本部設置に疑問も
2015/2/ 1 19:17

ISIL(いわゆるイスラム国)に拘束されていた後藤健二さんを殺害したとする声明動画の公開を受けて、警視庁と千葉県警は2015年2月1日午前、合同捜査本部を設置した。しかし、もっと早期から捜査しておくべきだったのではという声も出ている。

報道によると、捜査本部は約60人体制で、刑法の「国外犯」規定を適用して捜査が行われる。先に殺害されたとされる湯川遥菜さんについても捜査され、2人を殺害したとする映像を分析するとともに、家族や関係者から事情聴取を行い、足取りを調べる。

http://www.j-cast.com/2015/02/01226782.htmlより抜粋

**************

結果を知った後で選択をするのは誰にでもできる。後で「こうすべきだった」って言うことは簡単だ。
・・・「進撃の巨人」、アルミンの言葉。

でも、もし今「こうすべきだった」と言うことが分かるのなら、それを分かりやすく国民に説明できる人が必要で、国民はその人の話に耳を傾けることが必要で、そして大人たちは考えなくてはいけないのだと思う、この国をどうしたいのか、未来を描きながら真剣に向き合うことが必要なのだと思う。未来に生きるのは今の子どもたちなのだから。

ワタシのような考え方に対して「子どもを出しに使うな」とTwitterなどで頻繁に書かれているのだけど、ワタシは本来、かなりのイイカゲン人間で面倒臭がりだから、社会に対する関心は低かっただろう。子どもがいるからこそ考える、すごく考える、自分がそうしたいし子を持つ人の責任だとも思っている。

だから、「子どもを出しに使うな」と言う言葉は、子どもが生きる未来を真剣に考えている人に対して、あまりにも説得力がないよ。

ワタシはワタシの意思を持ってネチネチとできることをしよう。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。