コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

感情があるから人間

<裁判員裁判>初の死刑破棄確定へ…「市民参加」何のため
毎日新聞 2月4日(水)22時54分配信

死刑という究極の刑罰を前に、市民感覚と公平性のバランスをどう保つのか。死刑と無期懲役で1、2審の判断が分かれた2件の強盗殺人事件の裁判は、最高裁決定により死刑回避で決着した。死刑を選択した裁判員裁判の判決が否定されたことに、遺族は「何のための市民裁判か」と憤り、審理に当たった裁判員経験者は複雑な胸の内を明かした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00000114-mai-sociより抜粋

**************

なーんで裁判員制度なんて始めちゃったのかね? 選ばれた人は苦痛だろうに。ワタシなら何が何でも逃げる、罰せられても逃げる。陰惨な事件の写真なんて見たら、日常生活に支障をきたすどころではない、精神がやられてしまう。(想像力がものすごく豊かですから)

負担だけ強いて、その負担を乗り越えて考えて考えてすごく考えて出した結論を「前例から考えるとダメ~」って言われてしまったら、費やした時間は何だったのか、そのためのエネルギーは何だったのかと思って当然。

感情論オンリーではダメだってことは理解できる。でも感情を挟んではダメかね? 感情は大事だよ、機械じゃないのだから、人には感情があるのだから。

感情論を否定するのなら、もういっそのこと、コンピュータに前例を全部記憶させておいて、平均値を出して判決を決めてもらったら? きっと今の裁判官と同じ結論が出るから安心でしょ?

ま、裁判官も色々だろう。大飯原発の運転差し止めを命じた樋口さんのような立派な方もいらっしゃるしね。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。