コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

見えるものと見えないもの

日弁連が計画疑問視 日光では住民が地図配る
2015年2月7日

高濃度の放射性物質を含む「指定廃棄物」の最終処分場をめぐり、候補地となっている塩谷町以外でも、国の処分場計画に疑問を投げかける動きが広がっている。日弁連の廃棄物部会などは六日、塩谷町や県庁を訪れ、担当者に聞き取りを実施。隣の日光市では、住民有志が、市の主要な施設と候補地の距離を示した地図を作り、地域で配布を始めている。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150207/CK2015020702000184.htmlより抜粋

*************

安全です、大丈夫ですと言い続けて修学旅行生を誘致している日光市も、近くに「目に見える施設ができる」となると危機感を持つのだなと思いました。

ひねくれていてすみません。正直者なので。

いや、ワタシは「発生源」に戻して保管するのが良いと思っているよ。拡散させてどうするんだって話ですから。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。