コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

経験者から学ぶ大切さ

調査ロボ2台目も回収断念 高線量で監視カメラ故障

東京電力福島第1原発1号機の原子炉格納容器内にロボットが入った調査で、東電は20日、1階部分で調査を続けていた2台目のロボットの回収を断念、本体につながるケーブルを切断した。回収作業に使う監視カメラが放射線の影響で故障したため。ロボット自体は壊れていないが、東電は「動作が見えない中で無理に回収しようとすれば、かえってリスクが大きいと判断した」と説明している。

東電によると、監視カメラは15日、格納容器内部に通じる配管から2台目のロボットと一緒に投入した。電源が入った状態で放射線に10時間程度は耐えられる設計だったが、18日に電源が入らなくなった。高線量の影響を受け、電子部品が劣化、壊れたとみられる。

ロボットは回収時に「コ」の字形から棒状に形を変える必要がある。監視カメラの故障で正常に動いているかどうかを確認できなくなったため、東電は2台目のロボットを地下への開口部から離れたところに移し、格納容器内に残すことを決めた。東電は「今後の調査に支障はない」としている。
(2015年4月20日 福島民友ニュース)

http://www.minyu-net.com/news/news/0420/news16.html

***************

2台目のロボットを回収することを諦めたのは、やはり「高線量で壊れた」からだそうだ。壊れたのは監視カメラだけかもしれないけれど、一部が壊れても機械は「壊れた」って言うし。

だからチェルノブイリもそうだったわけで、福一とチェルノブイリと何が違うのかと。チェルノブイリの時には「放射能怖い怖い」と報道していたのに、自国の事故は「アンダーコントロール」なのだね。凄いね。

毒水と呼べる雨水ついては、ポンプが壊れて海へと流れ出たらしいし(何度目よ?)、そして周辺で獲れた魚介類の購入を控えたら風評被害だと言って消費者が悪いような報道をされるし、一体ワタシはどんな世界に住んでいるのかと、時々考えてしまうよ。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。