コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

誰のために改正したのか分からない

<改正公選法>18歳選挙権が成立

選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が17日午前、参院本会議で全会一致で可決、成立した。国政選挙では来年夏の参院選(2016年7月25日任期満了)から、18、19歳も投票できるようになる見通しだ。1945年に「25歳以上」から「20歳以上」に引き下げられて以来、70年ぶりの改定となる。若者の政治参加の拡大につなげるためには、学校現場などを通じた「主権者教育」の充実が鍵を握りそうだ。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6163874より抜粋

*************

少し前に、朝のFM横浜で政治ジャーナリストの角谷さんが怒っていたよ。

果たして18~20歳の人たちが「自分たちにも選挙権をくれ!」と要求したのか? 国会を囲んでデモをしたのか? 一体、誰のために18歳に引き下げるのか??? そんなことより、現在選挙権を持っている人たちが投票に行きたくなるような政治をしろ!!!

ってね。

政治家が、投票率を上げるには18歳に引き下げるしかない!と思っているのだとしたら大問題。「若者たち向けのパフォーマンス」に自信があるから、全員が賛成しちゃうのだよね。若者をおバカさんだと思っているような気がしてしまうのは、ワタシがひねくれているからなのかね。

さて、引き下げる以上は、少年法やらその他もろもろ、色々きちんと考えようかね。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。