コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

結論ありき

早期再稼働を求める請願を採択

柏崎市議会は23日の本会議で、柏崎商工会議所を中心とする団体が提出した東京電力柏崎刈羽原発の早期再稼働を求める請願を、17対8の賛成多数で採択した。本会議に先立ち開かれた議会運営委員会では、重大事故時の避難計画などを議論する特別委員会を今後設置することを決めた。

刈羽村議会も同様の請願を18日に採択している。柏崎刈羽原発の立地地域の議会が、そろって再稼働に対する意思表示をした形だ。

再稼働に際しては地元議会の同意が求められる可能性があるが、両議会では一定数の議員が今回の請願採択は「議会同意には当たらない」としている。柏崎市議会では今後、特別委などでの議論を経て議会同意についての判断を示すとみられる。

請願の討論では、賛成する議員が「原発停止による負の影響は市内全域に及んでいる」と強調。反対する議員は「1回の委員会の議論だけで賛否を取るのは拙速だ」などと主張した。

討論終了後、議員から採決延期を求める動議が出されたが否決された。議長を除く25人で採決が行われ、賛成17、反対8の賛成多数で採択された。

請願は地元経済への影響から、柏崎刈羽原発が原子力規制委員会の新規制基準に適合すると判断された場合、早期に再稼働するよう求めている。同原発6、7号機は規制委による適合性審査が続いている。

議会運営委では、請願付託先の総務委員会から提案された特別委の設置について審議し、特別委の早期設置について合意した。設置期間や議論の内容については今後協議する。

再稼働の際に必要となる地元同意の手続きに法的な定めはなく、新規制基準を初めてクリアした九州電力川内原発の場合、立地する鹿児島県薩摩川内市議会は地元経済団体が提出した陳情を採択する形で同意した。
2015/06/23 18:21

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20150623188926.html

******************

再稼働の請願を可決してから避難計画を立てるんだって。

ヲイヲイヲイ・・・ほんとに中毒なんだな、、、簡単に治らないのは知っているけれど、気の毒なほど重症なんだな。

反対を示した8名に拍手。未来を見ている人たちは、しっかりその8名を見ている!
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。