コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

他の地域だって、他の季節だって

海のセシウム、台風で拡散か 毎年秋に濃度上昇
(2015/8/18 03:00)

東京電力福島第1原発から南東約100キロの茨城県沖の海中で、放射性セシウムの濃度が毎年9月ごろに上昇しているとの観測結果を海洋研究開発機構の本多牧生上席技術研究員らのチームが18日付の米化学会学術誌に発表した。放射性セシウムを含んだ沿岸の浅い海底の堆積物が台風の影響で巻き上がり、沖合に向かって流されているとみられるという。

チームは2011年7月から14年7月に、観測点の水深500メートルと千メートルで、微小な粒状の物質を捉える装置を設置。集まった物質を回収して分析した。

http://www.at-s.com/news/detail/1174224633.html

*************

ずーっと前になるけれど、六ヶ所村再処理工場の放射能放出口から耐水性のハガキを一斉に流し、どのように移動するか確認した団体さんがありました。その実験から分かったのは、放射能は海に沿って流れると言うことでした。千葉県まで流れたハガキもあったのですよ。

台風の影響が云々ってより、要するにどうしたって流れるし、どっかに溜まる。秋以外・茨城県沖以外は大丈夫ってことはないよね。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。