コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

なんで?

電力需給、今夏も安定=太陽光普及が貢献

政府による今夏の節電要請期間が30日に終了する。8月に九州電力川内原発1号機(鹿児島県)が再稼働するまでは原発がゼロの状態だったが、電力需給には期間を通じて全国的に余裕があった。晴天時に発電量が増える太陽光発電の急激な普及が安定供給に貢献している。

夏の節電要請期間は7月1日に開始。3年連続で数値目標を掲げず、家庭や企業に自主的な節電を呼び掛けた。

節電要請の対象となった沖縄を除く9電力の最大電力需要は、いずれも政府の想定を下回る見通し。国民の間に節電意識が浸透したほか、料金が割安な新電力に契約を切り替える企業の増加が影響したとみられる。

供給力の面では、再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度」が追い風となり、太陽光発電の存在感が増している。猛暑で電力需要が伸びる時間帯は晴天が多く、太陽光発電に適している。

九州、中国両電力では、太陽光の供給力が最大需要の1割に相当。東京電力でも約8%を占め、同社は「ピーク需要に対応した電源として(安定供給に)寄与している」と説明している。他社も最大需要の2%強~9%弱を太陽光で賄った。(2015/09/29-16:16)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015092900661&g=soc

***************

じゃ、もう原発動かさなくて良くね?

なんで動かすの? わざわざ怖いゴミ増やしてまで動かすこたーねーよ。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。