コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

自分で自分の首を絞めとる

原発交付金使い新施設建設へ

薩摩川内市は原発のある自治体に出される国からの交付金を使い、1度に1000人を収容することのできるコンベンション施設を建設することを決め、30日、市議会で基本計画の策定費用などを盛り込んだ予算案が可決されました。

薩摩川内市が新たに建設するコンベンション施設はまちのにぎわいを作り出す拠点施設として、九州新幹線も止まるJR川内駅前にある広さ8200平方メートルの市の土地に建てられます。

施設は展示会やイベントなどを開催するもので、1度に1000人を収容することのできるものにする計画で商談などに利用する会議室なども設けられる予定です。

薩摩川内市では、この施設の建設のために原発が立地する自治体に国から出される交付金25億円をあてることにしています。

そして、いまの市議会には施設の基本計画の策定費用など5800万円を盛り込んだ補正予算案を提出していて、30日の本会議で可決され、今後は、建設に向けて動き出す見通しです。

この施設について薩摩川内市は「人が集まる駅前にあることから原発事故の際には避難施設としても活用できるよう機能を整えていきたい」としています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055183021.html

**************

薩摩川内市さん、おやめなさいってば。

そんなものを作ったら、維持するだけで莫大なお金がかかりますよ。展示会やイベントを頻繁に開催できる?維持費にあてるお金を産むと思う???

ホントにおやめなさいって。交付金をもらうなとは言わない。でも箱モノは作るな。

原発マネー中毒と言われても仕方ないのは、こういうところにあるんだよ。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。