コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

声に出して読みたい日本語

6号機、事故の試算 30キロ圏外、100ミリシーベルト超す 最悪条件下
毎日新聞2015年12月17日 東京朝刊

東京電力と新潟県は16日、安全審査が進む柏崎刈羽原発6号機の事故で放射性物質が放出された場合の被ばく量試算をそれぞれ公表した。最悪条件の事故後3日間の被ばく量は、原発近くで約2700ミリシーベルトと脱毛や白血球減少など急性放射線障害を起こしうる値に達し、緊急防護措置区域(UPZ)30キロ圏の外でも100ミリシーベルト超の地域があった。複数基の事故ならより深刻になる恐れもあり、自治体が策定する避難計画への影響も予想される。

県は「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」で事故や気象想定を変え48パターン、東電は自社ソフトで60パターン試算した。

「格納容器が破損し、放出する放射性物質を減らすフィルターが使えない」との厳しい想定では、降雨や風力などの条件によって、原発敷地境界付近の屋外に3日間いた場合、被ばく量は東電試算で約2700ミリシーベルト、県試算は1728ミリシーベルトに達した。被ばく地域は幅数キロ〜10キロ程度の扇状で風下に延び、3日間で100ミリシーベルトを超える地域が30キロ圏外に広がる場合もあった。

フィルターが使え、放射性物質の放出を事故発生から25時間後に遅らせられた場合は、敷地境界近くの被ばく量は最大で約280ミリシーベルト(東電試算)にとどまるが、6時間後の場合は最大710ミリシーベルト(同)に達した。

原子力規制委員会は同原発6、7号機の安全審査を進めているが、東電は16日、「県が了解するまで再稼働はしない」と改めて表明した。

http://mainichi.jp/articles/20151217/ddm/012/040/122000c

*****************

こういうのもっと、大々的に報道した方がいいよね。関東の皆さんもさ、自分たちの電気が「こんなリスクを近隣の人に負わせながら」ってところ、理解した方がいいよね。

防災無線ジャックして、朝昼晩と3回、ここに書かれていることをそのまま読みたい。
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。