コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ワタシを甘く見ない方がいいby放射性物質

魚の放射性物質調査 東電、来月から20キロ圏内で

福島県漁連の組合長会議が28日、福島県いわき市で開かれ、東京電力が福島第1原発から20キロ以内の海域で3月、魚の放射性物質調査を始めることを説明した。20キロ以内では海水や海底の土の調査は行われていたが、魚の採取調査は初めて。相馬双葉、いわき市の両漁協が協力し、3~5月に月4回実施する。

組合長会議では、県水産試験場が「海底に生息する魚から、暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を超える数値が検出されているが、海水や、水深が浅い海域の泥は放射線の数値が減少している」と報告。県漁連は4~5月、コウナゴやシラスの試験操業を目指すことを決めた。

県漁連は、水産庁の漁業復興支援事業を活用するため、3月中にプロジェクトチームを発足させる。漁業、流通関係者らが漁業再開に向けた操業計画を策定する。

県漁連の野崎哲会長は「検出される放射性物質が、一部の魚種を除いて増えていないのは心強い。遅々とした歩みだが、着実に漁業再開に向けて進んでいる」と話した。

2012年02月29日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/02/20120229t65005.htm

**************

放射性物質は、そんなに甘いものではないと思うのです。必ず結果を出してくるものだと言うじゃないですか。チェルノブイリを見て来た人は、みんなそう言うじゃないですか。

>>着実に漁業再開に向けて進んでいる

と言うのは、漁業関係者の気持ちだけで、海の汚染が改善されたわけではないのです。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。