コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

教育者たち

雨水砂にセシウム、横浜市立18校で基準値超える/横浜市教委
2012年3月30日

雨水をトイレの洗浄水として再利用する施設を持つ横浜市の市立学校44校のうち、18校の地下水槽にたまった砂から国の基準値を上回る濃度の放射性セシウムが検出されたことが29日、分かった。市教育委員会は1月、トイレ付近などの空間線量を測定し、44校全てで児童の安全な環境を確認した。一方、「対策の検討」を理由に判明から約3カ月間、保護者や児童らに公表していなかった。

市教委は29日、沈砂の処分方法が決まるまで雨水利用を中止し、トイレの洗浄水は上水道で対応する方針を発表した。

市教委によると、昨年11月、地下水槽の定期清掃前に、沈砂の放射能濃度を測った。12月26日、14小学校と4中学校から、国の責任で処理を行うと定めた1キロ当たり8千ベクレル以上の値を確認した。最も高かったのは末吉小(鶴見区)の1万6800ベクレル。その後、冬休み中に全校で洗浄水などを測定したところ、いずれも基準値内に収まっていたという。

公表まで3カ月かかったことについて市教委は「地下の遮蔽(しゃへい)された空間ですでに安全性が確認されていた。処理方法を決める検討に時間がかかった」と説明している。

横浜市は雨水を利用している公共施設や民間企業にも注意を呼び掛けるという。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1203300004/

*****************

すでにご存知の記事だと思います。

高濃度のセシウムが検出されたことは残念ではあるけれど、原発事故があったわけですから、当然と言えば当然なのかもしれません。

事故後、10ヶ月も検査をしなかったということは、のんびりしすぎていると思います。

大問題なのは、3ヶ月の間、公表しなかったということ・・・本当に、学校って何なんですか???教職員の皆さまに、子供たちの命を預かっているのだと言う自覚はないのでしょうか?

お願いです、先生たち、チェルノブイリを勉強してください。これから起こることを予測しながら、予防に力を入れてください。子供たちの変化を目の当たりにするのは、先生、あなた方です。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。