コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

2つの記事

急性白血病:福島第1原発作業員が死亡 東電が発表

東京電力は30日、福島第1原発で作業に携わっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。外部被ばく量が0.5ミリシーベルト、内部被ばく量は0ミリシーベルトで、松本純一原子力・立地本部長代理は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。

東電によると、男性は関連会社の作業員で8月上旬に約1週間、休憩所でドアの開閉や放射線管理に携わった。体調を崩して医師の診察を受け急性白血病と診断され、入院先で亡くなったという。東電は16日に元請け企業から報告を受けた。事前の健康診断で白血球数の異常はなく、今回以外の原発での作業歴は不明という。【林田七恵】

毎日新聞 2011年8月30日 13時00分(最終更新 8月30日 16時21分)

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110830k0000e040075000c.html

********************

そして、次の記事。

********************

作業員の被ばく量限度 本来の基準に(8月30日 12:30更新)

東京電力福島第一原子力発電所で緊急作業に当たっている作業員の、累計の被ばく量が100ミリシーベルトを下回っているため、厚生労働省は、作業員の被ばく量の限度を、ことし秋までに、250ミリシーベルトから本来の100ミリシーベルトに戻す方針を決めました。
これは、30日の閣議後の記者会見で、細川厚生労働大臣が明らかにしました。

原発事故の際に緊急作業を行う作業員の被ばく量の限度について、厚生労働省は、累計で100ミリシーベルトと定めていますが、福島第一原発に限っては、作業時間を十分に確保するため、特例として限度量を250ミリシーベルトまで引き上げています。

厚生労働省によりますと、3月に起きた福島第一原発の事故直後から働き始めた作業員のうち、これまでに103人の被ばく量が累計で100ミリシーベルトを超えていますが、4月以降に働き始めた作業員はすべて100ミリシーベルトを下回っているということです。

このため、厚生労働省は、被ばく量の限度を引き下げても差し支えないとして、本来の上限である100ミリシーベルトに戻す方針を決めました。

細川厚生労働大臣は「秋ごろまでには本来の基準に戻したい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110830/index.html

********************

上の記事で
>>「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。

の後に、本来の基準に戻すことにしました!って・・・因果関係はあるかもしれないと思っているから・・・ですよね?!

実は上の記事、早い時間に出回ったものには、「東電はこれ以上の調査をする予定はない」と言う一行があったのです。今は探しても出てきませんけれど。

作業員の過酷な労働環境を思えば、急性白血病で亡くなる方が出てきても、不思議ではないと思います。外部被曝は少なく、内部被曝はゼロで急性白血病、「これ以上調査しない」なんて言わずに、きちんと調べるのが誠意です。これらの記事は資料としてアップする予定はありませんでしたが、「調査する予定なし」に怒りを感じて、思わず書かずにいられませんでした。

16:40 追記
見つけました、「調査する予定なし」の記事。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110830/bdy11083013180003-n1.htm
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。