コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

【厚木市に給食の測定要望を出した方へ】

厚木市の学校給食用食材の測定要望を11月分で出した方、ぜひぜひぜひぜひご連絡をお待ちしております!

今月は、ワタクシの他にあと2名いらっしゃるのです。このお二方にお尋ねしたいことがあるのです。こちらがお聞きして、それに答えてくださるだけで結構です。「一緒に何かしましょう」とか「仲良くなりましょう」などと言わないので、警戒せずに、ぜひワタクシメにメールをください。お友達で該当する方がいらしたら、代理人の方でも良いです、ぜひ連絡ください。

ayukuma(あっと)aol.comです。

しばらくこの記事がトップに来るように設定しておきます。


<21:30追記>

今日の昼に厚木市のHPを見たときには、食材の測定要望を出した人数が「3人」となっていましたが、今見たら、人数の欄は空白になっていました。従って、私以外、何名が要望を出したのか分かりませんが、ぜひ連絡をお願いします。これを読んでくださった方も、周りの方々に声をかけてみてください。宜しくお願い致します。


<11/11 追記>

ご連絡くださった方々、ありがとうございました。
コンテントヘッダー

どうしてダメなのかって?それはね・・・続きは厚木文化会館で!

世界初の遺伝子組み換えイネ、フィリピンで2016年発売へ
2013年11月06日 15:03 発信地:マニラ/フィリピン

【11月6日 AFP】フィリピンで商業化が予定されている世界初の遺伝子組み換え(GM)イネの生産が、環境保護団体などの強い反発をよそに、今後2、3年以内に承認される見通しだと5日、同国の研究所などが発表した。

フィリピンに本部を置く国際稲研究所(International Rice Research Institute、IRRI)と比農業省双方の担当者が発表したところによると、GMイネの生産に反対する活動家によって8月に試験農場1か所で破壊行為があったにもかかわらず、新しく開発された遺伝子組み換え作物(GMO)の「ゴールデンライス」は試験栽培を完了したという。

IRRIのアヒム・ドーベルマン(Achim Dobermann)事務次長は「現時点では、公式に発売されているGMイネはどこの国にも存在しない」と強調した。

同事務次長によると、承認に要する期間の長さによるが、種を農家に流通させる準備が整うまでには最低でも「2年から3年」はかかるという。

比農業省のバイオテクノロジー計画を統括するアントニオ・アルフォンソ(Antonio Alfonso)氏によると、今後はGMイネの消費と栽培に関する安全性を判断するための試験を実施する予定だという。

ゴールデンライスは、ビタミンAを作り出すように遺伝子組み換えが行われている。発展途上国の多くの人々の食事にはビタミンAが不足しており、結果として免疫の低化や失明などを引き起こし、死に至る場合も多いとIRRIは指摘している。

だが多くの環境保護団体は、GMOが有害な副作用をもたらし、それが非GMO作物にも取り返しがつかないほど拡散しかねないとして、GMOに反対している。

国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)は以前、フィリピンでGMOナスの試験栽培の停止を求める裁判所命令を獲得したことがある。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3002763

*****************************

はぁ・・・遺伝子組み換え食品はダメだって。神様のルールに逆らっちゃダメなんだって。(注:あゆくまは無宗教者です)

ところで明日、厚木文化会館で「世界が食べられなくなる日」の上映があります。
http://www.geocities.jp/atsugi_kankyo/event13/event13.htm#20131108eiga

渋谷UpLinkに、いつ行こう、いつ行こう・・・カレンダーとにらめっこしているうちに厚木で上映してくださる、環境市民の会に心から感謝です。

観に行きます!・・・チケット入手していないので、当日券で行きます!

当日券、出るかしら??? 立ち見でもいいので、見せてくださーい!
コンテントヘッダー

署名のお願い

皆様に、署名をお願いしたいのです。
とってもとってもお願いしたいので、リンク先の色を見易く変えました。

宛先:猪瀬東京都知事
25年もかけて育てた葛西臨海公園の自然を、オリンピックのために壊さないで!

ぜひ、この方のブログを読んでください。
http://yaplog.jp/eikisato/archive/275

自然に敬意を!!!!!
コンテントヘッダー

期待通り!

山本太郎出演の原発映画 東京、大阪などでも公開決定
映画.com 8月14日(水)5時0分配信

原発問題を扱っていることから、公開劇場がなかなか決まらなかった山本太郎の出演作「朝日のあたる家」(太田隆文監督)が、愛知県の3劇場に続き、東京、大阪、福岡などでも公開されることがわかった。

「脚本を読んで、テレビ、新聞などのマスコミ、メディアのスポンサーへの気遣い偏向報道で事実を知ることができていない人たちにも、もしかしたらこの作品を通して原発事故の悲惨さが疑似体験できるのではないか、と思いました」と山本が語る本作は、全国の有志たちによるTwitterなどで公開を求める署名活動により、9月に愛知県内のコロナシネマワールド3劇場での公開が決定。その反響を受けて東京・渋谷アップリンク、大阪シアターセブンなど大都市の劇場のほか京都、福岡、岐阜、新潟、石川、福井、青森でも公開が決まった。

自然に囲まれた美しい町に住む平田一家。大学生の長女あかね(平沢いずみ)は、都会での一人暮らしを夢見ていた。そんな時に大地震が起き、原子力発電所が爆発、福島の事故と同じ事態に直面し、あかねら平田一家も悲しみの渦に巻き込まれて行くという物語。山本のほか、いしだ壱成、藤波心らが共演する。

東京公開は渋谷アップリンクで9月28日から、そのほか各地公開日は公式HP(http://asahinoataruie.jp/)で告知。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130814-00000001-eiga-movi

***************************

UPLINKさんならやってくれると思っていました! さすがです、ステキ!

こちらは9/28からの公開ですが、その前に「世界が食べられなくなる日」を見に行きたいと思っています。来週いっぱいぐらい上映してくれるかな?

いつもギリギリ、モンサントの~もギリギリだったし、上映時間もギリギリに入ったから、前列の気持ち良さそうな椅子が選べなかった。次はあの椅子に!(情熱を燃やすところはそこじゃない)
コンテントヘッダー

もっと大々的に知らせなくちゃだよ

参院選投票日繰り上げ、11都道県81投票所で

総務省は11日、参院選(21日投開票)で、離島や山間地で投票箱を開票所に運ぶ時間がかかる81の投票所(11都道県26市区町村計)で、投票日を18~20日に繰り上げると発表した。

開票はいずれも21日。18日への繰り上げは鹿児島県の13か所、19日は北海道などの9か所、20日は長崎県などの59か所。また、全国4万8777の投票所のうち1万6960か所で投票開始時刻の繰り上げや繰り下げなどを行う。

一方、外務省は、治安悪化に伴い、在エジプト大使館での在外投票を「13日まで」から「11日まで」に繰り上げた。

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/news2/20130711-OYT1T00921.htm

************************

なぜ公示日に言わないのだ?

何を企んでいるのだ??

疑惑の目が向くことをあえてする意味がワカンネ。

・・・けど、そういうことらしいので、離島や山間地にお住まいのお知り合いがいらっしゃる方は、これから電話して教えて差し上げてくださいネ。
コンテントヘッダー

厚木のみなさーん!今年も垣田先生のお話が聴けますよ!

平成25年度「食の安全」講演会を開催します!
最終更新日:2013年6月12日(水曜日)|お問い合わせ先:くらし交通安全課

平成25年度「食の安全」講演会

講演タイトル
「正しく学ぼう食の安全~食品と放射能~」

講師
垣田達哉 先生

主催
厚木市

協力
厚木市消費生活懇話会

日時
平成25年7月4日(木曜日)14時から16時まで

参加費
無料

場所
厚木商工会議所5階 大会議室 厚木市栄町1丁目16-15

概要
近年、生肉食の規制や東日本大震災以降、食品への放射能汚染が心配されるなど食の安全性の問題が取り上げられ、消費者が不安になるような事件が起きております。今年度も、消費者問題研究所代表で食品問題評論家の垣田達哉先生を お迎えし、安全な食品についての正しい知識を身につけ、安心した食生活を送ることを目的に講演会を開催いたします。

申込み方法
直接又はお電話で厚木市消費生活センター(046-225-2155)までお申込みください。
応募多数の場合は抽選、連絡がなければ参加可。

http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/event/meeting/d024974.html

***************************

厚木市の皆さま、ジャンジャンお申し込みください! 私もこれから電話をして申し込み・・・ ん?土日は電話してもどなたもお出にならないかしら? じゃぁ週明け月曜日にでも電話します!

昨年、聴かせていただきましたが、とてもよい講演会でした。添加物やお肉の問題、放射能のこともきちんと教えてくださいました。

ところで消費者生活センターさん。無料の講演会でしたが、いろいろとお土産をいただいてしまいました。ボールペンとか、タオルとか、小さなジッパーつきのクリアケースとか、マグネットとか、すべてに「厚木市消費生活センター」と言う大きな文字が入っているグッズだち。

あれらは市民の税金で作られ、また無料で配布されていますよね?

ごめんなさいですが、要らないです。下さるのなら、もっとデザイン性に優れた、日常で使用し続けたくなるようなものを下さいませ。お願いいたします。
コンテントヘッダー

歴史が繰り返しているので

ETV特集「毒と命~カネミ油症 母と子の記録~」

[Eテレ]
2013年5月25日(土) 午後11:00~午前0:30(90分)

食用油にダイオキシンが混入し、日本各地で1万4千人が被害者を訴えた「カネミ油症事件」。事件発覚から44年を経た去年、初めて被害者救済法が成立し、国の被害者救済の責務が法的に明記された。しかし、成立した救済法で一顧だにされなかった問題がある。それは、子どもや孫への世代を超えた「毒」の移行の問題だ。

3年前、国が公表した健康実態調査の結果では、回答者の3割以上が、子どもや孫の症状の存在を訴えた。長崎県諫早市に暮らす認定患者・下田順子さん(51歳)もその一人。小学生のとき、家の食事で汚染油を口にし、重い皮膚症状や内臓疾患に悩まされてきた。その後結婚し、汚染油の摂取から20年後に出産。生まれてきた子どもは、幼い頃から体が弱く、成長するにつれ原因不明のけん怠感に悩まされ20歳を超えた今も、さまざまな病気や体調不良に苦しんでいる。

事件発生から45年。被害者がつないできた「命」は「毒」もまたつないでいってしまうのか。番組では、下田さん親子を中心に、声を上げ始めた被害者の姿を取材、放置され続けるカネミ油症・次世代被害の実態を報告する。

http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2013/0525.html

**************************

歴史は繰り返すようです。歴史から学べないことは、歴史を見れば分かるそうです、残念ですが。

とても勉強になる番組ではないかと期待します。録画の用意はいいですか~?
コンテントヘッダー

敗戦国の憂い

米の核性能実験 「核なき世界」はどこへ

北朝鮮の地下核実験は許せないのに、自国の核を温存する実験は当然だというのだろうか。

米国が核兵器の性能を調べるための実験を昨年に2回行っていたと発表した。2010年から通算8回に上る。

北朝鮮の核開発を断念させようと、国際社会は足並みをそろえている。米国の二重基準は、北朝鮮に正当化の言い訳を与えるようなものだ。国を問わず核実験は、核兵器の開発や維持が目的である。

昨年末には臨界前核実験も実施している。オバマ大統領が掲げた「核兵器なき世界」からますます遠ざかっていると言わざるを得ない。被爆地からも抗議が相次いだ。当然であろう。

今回の実験はニューメキシコ州の研究所にある「Zマシン」という装置で行われた。少量のプルトニウムに強力なエックス線を当てて核爆発の瞬間に近い高温、高圧状態をつくり、反応を調べるものだ。臨界前核実験を補完する最新の実験である。

大爆発を伴う臨界には至らない。このため米エネルギー省傘下の核安全保障局(NNSA)は、地下核実験などとは別だと位置付けている。

だがこのような実験ができるのも、米国が地下、地上、水中で千回以上の核爆発を重ね、膨大なデータを蓄積しているからにほかならない。

これを前例として是認すれば、核開発をあくまで継続しようと考える国がほかにも出かねない。「持てる国」の横暴は決して看過されるべきではない。広島、長崎から粘り強く声を上げる理由でもある。

NNSAは年に4回、核兵器の維持に関するさまざまな実験の実施回数を発表している。核開発を断念するよう北朝鮮に圧力をかける時期であろうがなかろうが、お構いなしである。一貫した方針に見える。

核兵器廃絶を求める国際世論への配慮よりも、米国内世論へのアピールを優先しているのだろう。Zマシンの実験などが、包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准を実現させる切り札になるというのだ。

条約批准の権限を持つ上院では、共和党が「米核戦力の優位性が崩れる」と批准に抵抗している。一方、オバマ政権は「爆発を伴わない実験であれば、いくらでも可能だ」とCTBTの抜け穴を前面に掲げて説得する。8千個近く保有する核弾頭の維持管理にも、膨大な予算を割いている。

国際社会が発効を悲願とする条約が、米国では核実験を温存する根拠に使われる。大いなる矛盾ではないか。

「核兵器なき世界」の足踏みが、オバマ氏の本気度だけの問題ではないことも示していよう。核兵器に固執する国にどれほど厳しい目が向けられているか。被爆地から米世論に働き掛けることを、さらに心掛けたい。

ところが日本政府の姿勢は、広島、長崎からの訴えに水を差している。菅義偉官房長官はきのう、米国に抗議するつもりはないと明言した。

米国は、核兵器の維持管理策が「同盟国を安心させるためだ」と繰り返し表明している。責められるべきは米国だけではないだろう。核兵器廃絶を唱えながら、米国の核の傘を求める被爆国のちぐはぐさをも、今回の実験は示してはいないか。

http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh201303130083.html

*********************

亜米利加さんとは、そういう国なのです。

そして、日本は戦争で負けてしまったので、逆らえないのです。すべてはそこに繋がっているよね。
コンテントヘッダー

小出先生 is coming to 厚木

しつこいので、またまたまたまたまたまたまたまたまた書きたいと思います。(定期的に、一番上に来るようにしなくちゃ☆)

「また」の数が徐々に増えていることに気付いているアナタ・・・好きデス!(告白)


2/23(土)、厚木文化会館にて小出先生の講演会があります。

詳細はコチラ☆
http://www.geocities.jp/atsugi_kankyo/event12/event12.htm#koide2

チケットは厚木文化会館・有隣堂厚木店・晴れ屋でも購入できます。

小出先生の講演会は何度か聴いたことがある・・・ けれど、厚木に来てくださる、原発事故の影響は、厚木市ではどうなのかしら? を聴きたいので、ワタクシも行ってきます。

今回、ワタクシはメモを取らないことにしました。聴くこと・見ることに集中したいので。

ぜひ皆さまの耳で、小出先生の生の声を聴いてください。
コンテントヘッダー

パブコメだよ、全員集合

パブコメのお知らせです。

原子力委員会
「今後の高レベル放射性廃棄物の地層処分に係る取組について(見解案)」に対する御意見の募集

http://www.aec.go.jp/jicst/NC/pressrelease/pressrelease20121129.html


締切は12/10だそうです。

みんなーーーー、送ろうよーーーーー!!!!!
プロフィール

ayukuma

Author:ayukuma
変人です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。